So-net無料ブログ作成

中也の四季 [多田武彦氏]

多田先生の新作である男声合唱組曲「中也の四季」
男声合唱団「風」(兵庫県)が、6/20の演奏会にて無事初演された模様だ。
このブログにて、度々多田先生の新曲について情報紹介させていただいているが、先生の創作ペースが非常に速く、私のアンテナでは追い付くのがやっとである。
 ●東京景物詩・第二
 ●多田先生の活躍
創作意欲の凄まじさに、改めて感嘆している。

男声合唱組曲「中也の四季」 
 委嘱初演団体:男声合唱団「風」
 初演指揮者:畑 博道氏
 初演年月日:2010年6月20日 男声合唱団「風」第11回演奏会
 詩:中原中也(詩集:山羊の歌/在りし日の歌)
 曲構成:6曲 春の夜/春の雨/夏の海/秋の夜空/帰郷/除夜の鐘
男声合唱団「風」HP
▶紹介された新聞記事はこちら
 父の日演奏会:「中也の四季」初披露-20日、加古川・男声合唱団「風」/兵庫

新作の「中也の四季」、どんな作風、響きに仕上がっているのであろうか。

下記演奏会にて、再演予定のようだ。
 合唱の夕べ 「雪明りの路」~兵庫県の男声合唱団「風」とともに~
  日時:8月21日(土) 開場17:30 開演18:00
  会場:小樽市民センターマリンホール
  出演:小樽市役所グリークラブ(小樽市) 男声合唱団「風」(加古川市) 
     余市混声合唱団(余市町) 小樽商科大学グリークラブOB会(札幌市)
男声合唱合同ステージは、男声合唱組曲「雪明かりの路」(詩:伊藤 整 曲:多田武彦)

これまで、多田先生は、中原中也の詩を用いた下記組曲を作曲した。
 ▼男声合唱組曲「在りし日の歌」(1960年)
 ▼男声合唱組曲「中原中也の詩から」(1967年)
  差し替えられた楽曲:「●●女」は、実に名曲だと思う。
 ▼男声合唱組曲「中原中也の詩から」[改訂版](1981年)
 ▼男声合唱組曲「冬の日の記憶」 (1977年)
 「南無 ダダ」を初めて聴いた際、強烈な印象を受けた。
 ▼男声合唱組曲「中原中也の詩から・第二」(1985年)

多田武彦<公認サイト>
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

hokochan

「●●女」良い曲ですよねぇ。個人的には「ただたけだけ」で唄いたかった曲です。差し替えられた「間奏曲」がこれと同じ調性なのはそれなりの思い入れはあったのかもしれませんね。
思い入れがある方が多いのがニコ動やYoutubeで一時的に上がっているのを散見します。
by hokochan (2010-06-28 23:59) 

naccam

「中也の指揮」の再演情報の投稿ありがとうございます。
7月17日に指揮者の畑さんが小樽に来られて、合同曲の練習会を開きます。hokochan様ワークショップin北海道へのご参加ありがとうございました。
by naccam (2010-06-29 13:47) 

malechoirpopeye

hokochanさん
恐らく、多田先生は演奏許諾しないでしょうね。
トンペイが東京男フェス招待演奏にて「11月にふる雨」を歌いたい旨、多田先生へ打診しましたが、駄目でした。
大変残念でした。
by malechoirpopeye (2010-06-30 21:26) 

malechoirpopeye

naccamさん
多田作品ファンとしては、小樽まで出向いて鑑賞したいのですが(笑)
演奏会の盛会を、お祈りしております。
コール・グランツ:加藤さんと全国男声合唱フェスティバルへお邪魔する予定です。
会場でお会いできればと思っております。
今後共、どうぞよろしくお願いいたします。

by malechoirpopeye (2010-06-30 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0