So-net無料ブログ作成
検索選択
男声合唱プロジェクトYARO会 ブログトップ
前の10件 | -

コーラル・ソシア 3rd concert [男声合唱プロジェクトYARO会]

9月22日(木・祝)、コーラル・ソシア 3rd concertに出演した。
会場は、川口総合文化センターリリア音楽ホール[600席]。
男声合唱団Vive la Compagnie(ヴィヴ・ラ・コンパニー)として、男声ステージ及び混声ステージに出演させていただいた。
大雨が降る悪天候にもかかわらず、ほぼ満席のお客様が来場された。
団員の集客力が素晴らしい。

−当日のスケジュール−
 8:30/自宅着
 10:30−11:00/体操・発声
 11:00−11:30/混声ステージリハーサル
 12:10−12:40/男声ステージリハーサル
 13:30/開場
 14:00/開演
 16:10/終演
 17:30−20:30/打上げ( ビッグシェフ川口そごう店ダリアルーム[そごう川口店10階]
 21:00−  /二次会(さくら水産川口東口店)
 24:30/自宅着

指揮:南めぐみ[混声]/須田信男[男声]
ピアノ:藤田智子
三線:堀口浩司
 第2ステージ[男声]
 Top5/Sec9/Bari8/Bass10 計32名
  斎太郎節 宮城県民謡 編:竹花秀昭
  雨 詩:八木重吉 曲:多田武彦
  君といつまでも 詩:岩谷時子 曲:弾厚作 編:小池義郎
 第3ステージ[混声]
 Sop10/Alt9/Ten9/Bass7 計35名
  海の声[混声3部] 詩:篠原誠 曲:島袋優 編:古川陽子
  365日の紙飛行機[混声3部] 
   詩:秋元康 曲:角野寿和・青葉紘季 編:野田学
  覚和歌子の詩による混声合唱曲集「等圧線」よりⅣ. リフレイン[混声4部]
   詩:覚和歌子 曲:信長貴富
 (男声アンコール/指揮:南めぐみ)
  Ev'ry Time I Feel The Spirit 編:William.L Dawson

Vive la Compagnie(ヴィヴ・ラ・コンパニー)
男声合唱プロジェクトYARO会5団体を母体とし、男声合唱団イル・カンパニーレ(川越市)を中心に、男声合唱団メンネルA.E.C.(上尾市)、男声あんさんぶる「ポパイ」(春日部市)、男声合唱団コール・グランツ(久喜市)、ドン・キホーテ男声合唱団(志木市)の有志で構成された団体。これまでの主な活動は、全日本合唱コンクール、全日本男声合唱フェスティバルへの参加である。
 ▼Vive la CompagnieのHPはこちら
 ▼男声合唱プロジェクトYARO会のHPはこちら

Vive la Compagnie練習160910 [男声合唱プロジェクトYARO会]

12:00−17:00 さいたま市内小学校
12:00−12:15 体操・発声 
12:15−14:00 アンサンブル練習[男声]
 君といつまでも 詩:岩谷時子 曲:弾厚作 編:小池義郎
 雨 詩:八木重吉 曲:多田武彦
 斎太郎節 宮城県民謡 編:竹花秀昭
14:00−17:00 アンサンブル練習[混声] 
 海の声[混声3部] 詩:篠原誠 曲:島袋優 編:古川陽子
 365日の紙飛行機[混声3部] 
  詩:秋元康 曲:角野寿和・青葉紘季 編:野田学
 覚和歌子の詩による混声合唱曲集「等圧線」よりⅣ. リフレイン[混声4部]
  詩:覚和歌子 曲:信長貴富

▼参加者:Sop10/Alt10/Top4/Sec8/Bari8/Bass10 計50名位
コーラル・ソシア 3rd concert[9/22(木・祝)]に向けた練習。
 ●コーラル・ソシア 3rd concertのご案内
Vive la Compagnieは、[男声]と[混声]に出演させていただく。
[混声]の指揮・指導は南めぐみ氏(コーラル・ソシア指揮者)
ピアノは藤田智子氏。
三線:堀口浩司氏。

[混声]ステージ(男声18名出演)の練習は、今日が最終となった。
混声曲の3曲が、やっと体に入った感を得た。
本番までに、出来る限り暗譜に勤しむ!
 ▼「リフレイン」の参考音源はこちら
  合唱団ひぐらし第19回定期演奏会「いろはのつ」アンコール
  日時:2012年7月16日
  会場:杉並公会堂
  指揮:清水昭 
  ピアノ:服部真由子

[男声]練習が終わった直後、急に体調不良に陥る。
インフルエンザ感染時と少し似た体感になり、立っているのが辛くなった。
どうしたのであろう?と不安になるが、今日が最終練習故、座ったまま歌い続け、我慢して最後まで時を過ごす。
軽い脱水状態であったのであろうか。

Vive la Compagnie(ヴィヴ・ラ・コンパニー)
男声合唱プロジェクトYARO会5団体を母体とし、男声合唱団イル・カンパニーレ(川越市)を中心に、男声合唱団メンネルA.E.C.(上尾市)、男声あんさんぶる「ポパイ」(春日部市)、男声合唱団コール・グランツ(久喜市)、ドン・キホーテ男声合唱団(志木市)の有志で構成された団体。これまでの主な活動は、全日本合唱コンクール、全日本男声合唱フェスティバルへの参加である。
 ▼Vive la CompagnieのHPはこちら
 ▼男声合唱プロジェクトYARO会のHPはこちら

Vive la Compagnie練習160820 [男声合唱プロジェクトYARO会]

13:00−17:00 さいたま市内小学校
13:00−13:15 体操・発声 
13:15−14:00 アンサンブル練習[男声]
 君といつまでも 詩:岩谷時子 曲:弾厚作 編:小池義郎
 雨 詩:八木重吉 曲:多田武彦
 斎太郎節 宮城県民謡 編:竹花秀昭
14:00−17:00 アンサンブル練習[混声] 
 海の声[混声3部] 詩:篠原誠 曲:島袋優 編:古川陽子
 365日の紙飛行機[混声3部] 
  詩:秋元康 曲:角野寿和・青葉紘季 編:野田学
 覚和歌子の詩による混声合唱曲集「等圧線」よりⅣ. リフレイン[混声4部]
  詩:覚和歌子 曲:信長貴富

▼参加者:Sop10/Alt10/Top3/Sec5/Bari4/Bass4 計25名位
[混声]の指揮・指導は南めぐみ氏(コーラル・ソシア指揮者)
ピアノは藤田智子氏。
Vive la Compagnieは、コーラル・ソシア[女声合唱団]の演奏会に[男声]と[混声]でゲスト出演させていただく。

コーラル・ソシア 3rd concert
 日時:9月22日(木・祝) 13:30開場/14:00開演
 会場:川口総合文化センターリリア音楽ホール[600席]
 指揮:南めぐみ/須田信男(Vive la Compagnie)
 ピアノ:藤田智子
 三線:堀口浩司
 フルート:千野仁誉
 曲目
 1st
 [女声]
  なかにしあかね/小鳥たち・ケヤキ(詩:まどみちお)
  林光/うた・三十五億年のサーカス(詩:佐藤信)
 2st
 [男声]
  宮城県民謡/斎太郎節(編:竹花秀昭) 
  多田武彦/雨(詩:八木重吉) 
  弾厚作/君といつまでも(詩:岩谷時子 編:小池義郎)
 [女声]
  なかにしあかね/たらたらと(詩:島田陽子)
  木下牧子/にじ色の魚(詩:村野四郎)
  Pietro Mascagni/Ave Maria
  Eva Ugalde/Ave maris stella
 3st
 [女声]storia・M・歩いて帰ろう・いのちの歌
 [混声]
  島袋優/海の声(詩:篠原誠 編:古川陽子)
  角野寿和・青葉紘季/365日の紙飛行機(詩:秋元康 編:野田学)
  信長貴富/覚和歌子の詩による混声合唱曲集「等圧線」〜Ⅳ. リフレイン
  (詩:覚和歌子)

「君といつまでも」は、2000年[平成12年]7月1日、尊敬する小髙秀一先生の指揮で歌って以来、16年ぶりに歌った。
 ●小髙秀一先生 ご逝去
「海の声」「365日の紙飛行機」は、J-Pop特有の16部音符とシンコペーションにかなり苦戦する。
譜割りが難儀である。
「リフレイン」は、非常に心地良く、切なさが募ってくる楽曲だ。
 ▼合唱団ひぐらしによる演奏はこちら
  合唱団ひぐらし第19回定期演奏会「いろはのつ」アンコール
  日時:2012年7月16日
  会場:杉並公会堂
  指揮:清水昭 
  ピアノ:服部真由子

Vive la Compagnie(ヴィヴ・ラ・コンパニー)
男声合唱プロジェクトYARO会5団体を母体とし、男声合唱団イル・カンパニーレ(川越市)を中心に、男声合唱団メンネルA.E.C.(上尾市)、男声あんさんぶる「ポパイ」(春日部市)、男声合唱団コール・グランツ(久喜市)、ドン・キホーテ男声合唱団(志木市)の有志で構成された団体。これまでの主な活動は、全日本合唱コンクール、全日本男声合唱フェスティバルへの参加である。
 ▼Vive la CompagnieのHPはこちら
 ▼男声合唱プロジェクトYARO会のHPはこちら

Vive la Compagnie自主練習160619 [男声合唱プロジェクトYARO会]

17:00−19:00 春日部市中央公民館中会議室
17:00−17:50 音取り
 Vive L'Amour 編:Alice Parker & Robert Shaw
 ぜんぶ[男声版] 詩:さくらももこ 曲:相澤直人
17:50−19:00 アンサンブル練習
 Vive L'Amour 編:Alice Parker & Robert Shaw
 ぜんぶ[男声版] 詩:さくらももこ 曲:相澤直人
 Ev'ry Time I Feel The Spirit 編:William L. Dawson
  
▼参加者:Top1/Sec2/Bari1/Bass1 計5名
指揮・指導は行木友一氏。
Vive la Compagnieは、第5回全日本男声合唱フェスティバル in 高知[7/9−7/10]に出演する。
第3回(岡山)、第4回(京都)に続いて3回目の出演となる。
 ●第3回全日本男声合唱フェスティバル in 岡山
 ●第3回全日本男声合唱フェスティバル in 岡山 に参加します
 ●Vive la Compagnie 今年も全日本男フェスに参加します

通常練習に参加できないメンバーを支援する目的で、ポパイを中心とした有志による自主練習が開催された。
私は仕事の関係で今回も全日本男フェスには参加できないが、「ぜんぶ」を一度歌ってみたかったので練習に参加した次第である。

「ぜんぶ」の和声が、大変難しい。
♯の音感が苦手故、F、C、Gの♯に苦戦し、かつF、C、Gの♮、所々にある全音のぶつかりにも苦慮した。
更に、バリトンとベースの臨時記号の音が難しい。
聴くのと歌うのとでは大違いであった。
 ▼harmonia ensembleによる演奏[混声版]はこちら

Vive la Compagnie(ヴィヴ・ラ・コンパニー)
男声合唱プロジェクトYARO会5団体を母体とし、男声合唱団イル・カンパニーレ(川越市)を中心に、男声合唱団メンネルA.E.C.(上尾市)、男声あんさんぶる「ポパイ」(春日部市)、男声合唱団コール・グランツ(久喜市)、ドン・キホーテ男声合唱団(志木市)の有志で構成された団体。これまでの主な活動は、全日本合唱コンクールへの参加である。
 ▼Vive la CompagnieのHPはこちら
 ▼男声合唱プロジェクトYARO会のHPはこちら

Vive la Compagnieが歌った「くちびるに歌を」 [男声合唱プロジェクトYARO会]

Vive la Compagnie(ヴィヴ ラ コンパニー)が関東支部大会で歌った「くちびるに歌を」が、YouTubeに掲載された。
【Vive la Compagnieは、男声合唱プロジェクトYARO会5団体におけるコンクール等対外的活動における団体。この時の関東支部大会は、イル・カンパニーレ(川越市)とメンネルA.E.C.(上尾市)を中心に、男声あんさんぶる「ポパイ」(春日部市)とコール・グランツ(久喜市)の有志で計46名構成】
▼Vive la Compagnieによる演奏はこちら
 第66回関東合唱コンクール一般部門
 日時:2011年[平成23年]10月2日(日) 
 会場:よこすか芸術劇場
 指揮:小髙秀一
 伴奏:野島万里子
 自由曲:男声合唱とピアノのための「くちびるに歌を」〜Ⅳ. くちびるに歌を    
     (Hab' ein Lied auf den Lippen)
     詩:Cäsar Flaischlen 訳詞・曲:信長貴富

久しぶりに鑑賞したビブコンの「くちびるに歌を」
演奏もさることながら、動画に映し出された数々の写真を見るにつけ、当時の記憶が鮮明に想い出され、とても感慨深い。
お元気だった頃の小髙秀一先生(平成25年11月逝去)、練習風景、本番直後の記念写真撮影、打上げ風景、小澤誠氏(平成26年12月/59歳で逝去)の笑顔等。
 ●小髙秀一先生 ご逝去
たった4年前の出来事なのに、何故こんなにも懐かしいのであろう。
あ〜、あの頃、楽しかったなあ。
 ●第54回埼玉県合唱コンクール[一般部門]
 ●第66回関東合唱コンクール[リハーサル編]
 ●第66回関東合唱コンクール[本番編]
 ●第66回関東合唱コンクール[大学・職場・一般A・一般B]審査結果
 ●第54回埼玉県合唱コンクール・第66回関東合唱コンクールの審査講評
 ●Vive la Compagnie関東合唱コンクール打上げ&忘年会

日墺文化協会 合唱の午後2015 [男声合唱プロジェクトYARO会]

4/18(土)、《日墺文化協会 合唱の午後2015》に出演した。
会場は、紀尾井ホール[800席]

▼当日のスケジュール
 7:30 自宅発
 9:00 会場着
 9:40−10:00 リハーサル1(楽屋6)
 10:10−10:35 ステージリハーサル
 13:30 開演
 13:36−13:51 リハーサル2(楽屋6)
 14:06−14:21 本番
 16:20 終演
 17:00−20:00 打上げ1(パセラリゾーツ上野御徒町店)
 20:30−22:30 打上げ2(BAR LOUNGE Park Top)

▼参加者:Top6/Sec9/Bari11/Bass10 計36名
▼指揮:須田信男氏
▼曲目 
 男声合唱組曲「尾崎喜八の詩から」 詩:尾崎喜八 曲:多田武彦
  冬野/最後の雪に/天上沢/かけす
 ●尾崎喜八氏が朗読された「かけす」

▼出演団体及び曲目
Musica Nova Consort(男声)/指揮:片野秀俊
 今日キリストは生まれた グレゴリオ聖歌
「聖週間のレスポンソリウム集」 曲:ビクトリア
  すべての者よ/あたりは暗闇に包まれた/商人ユダ
 ああ大いなる神秘よ 曲:モラレス

Rosa Mariano(女声)/指揮:岸信介
「ミサ・シンプレックス」 曲:アンドリーセン
  クレド/アニュス・デイ
 無伴奏女声合唱曲集「なみだうた」 曲:信長貴富
  序/涙/なみだ/なみだうた
 
男声合唱団ヴィヴ・ラ・コンパニー(男声)

女声合唱団花の風(女声) 指揮:岸信介/ピアノ:由良郁子
 女声合唱とピアノのための組曲 「花の風」 詩:星野富弘 曲:なかにしあかね
  美しい今/木を一本/ねこじゃらし
 女声合唱とピアノのための2つの歌「森のお客さま」 詩・曲:なかにしあかね
  森のお客さま/満点の星のもとで

大久保混声合唱団(混声) 指揮:田中豊輝/ピアノ:村田智佳子
 菩提樹 詩:ミュラー 曲:F.シューベルト 編:今井邦男
 ます 詩:D.シューベルト 曲:F.シューベルト 編:ジンガー
 子守歌 曲:ブラームス 編:大中恩
 歌劇「タンホイザー」〜幸あれ芸術の館 曲:ワーグナー

[招待演奏]
ハルモニア・アンサンブル(混声) 指揮:福永一博/ピアノ:田中惇史
 さくら 日本古謡 編:武満徹
 花 詩:武島羽衣 曲:滝廉太郎 編:富澤裕
 春の小川 詩:立野辰之 曲:岡野貞一 編:上田真樹
 インスブルックよさらば 曲:イザーク
 アヴェ・ヴェルム・コルプス 曲:モーツアルト 他

[特別出演]
佐々木典子(ソプラノ) ピアノ:千葉かほる
 ウィーンの森の物語 曲:J.シュトラウスⅡ
 オペレッタ「ファニー・エルスラー」〜シーフェリングにリラの花咲く頃
  曲:J.シュトラウスⅡ
 映画「ワルツ合戦」〜ドナウに花咲く頃 曲:F.グローテ&A.メリヒャー 
 オペレッタ「マリツァ伯爵令嬢」〜ウィーンによろしく 曲:E.カールマン
 オペレッタ「ジュディッタ」〜我が熱き口づけ 曲:F.レハール

[全員合唱]
 ウィーン我が夢の街 曲:R.ジーチンスキー

 ▼日墺文化協会HP内の紹介ページはこちら

 kioihall400.jpg
 ▼男声合唱プロジェクトYARO会 HP
 ▼Vive la Compagnie HP

第60回埼玉県合唱祭(Vive la Compagnie) [男声合唱プロジェクトYARO会]

6/7(日)、第60回埼玉県合唱祭[2日目/第2部]に参加した。
会場は、埼玉会館大ホール[1,315席]
Vive la Compagnieとしては初の合唱祭出演で、光栄なことに特別演奏という形態だ。
埼玉県合唱連盟のご配慮で、今回特別演奏枠が設けられた。
昨年の全日本男声合唱フェスティバル in 岡山に参加した功績が認められたようである!?
 ●第3回全日本男声合唱フェスティバル in 岡山
 ●第3回全日本男声合唱フェスティバル in 岡山 に参加します
特別演奏枠には、北陸新幹線開通記念「日本の歌百選合唱フェスティバル」(3/15:金沢市) に参加された「彩の国女声合唱団」 も出演された。
 ▼加藤良一氏による紹介記事はこちら[埼玉県合唱祭で特別演奏]
 ▼第60回埼玉県合唱の出演順一覧はこちら

▼当日のスケジュール
 7:30 自宅発
 9:00 本部集合
 9:00−15:00 誘導係主任業務
 15:30−15:37 リハーサル
 15:45−15:52 演奏
 16:05 終演[第2部]
 16:05−16:10 合同演奏(男声合唱) いざ起て戦人よ/斎太郎節
 −移動−
 17:20−20:00 ポパイ練習
 20:30 自宅着

▼参加者:Top5/Sec5/Bari6/Bass5 計21名
▼指揮:南めぐみ氏
▼曲目
 男声合唱組曲《柳河風俗詩》から「柳河」
  詩:北原白秋 曲:多田武彦
 旅立ちの日に(男声版) 
  詩:小嶋登 曲:坂本浩美 編:井川丹

前日(6/6)の会場係業務、ヴィヴコン練習、(軽めの)飲み会。
当日の誘導係業務と続き、体力が足りない自分故、疲労感等で気持ちの切替ができず。
歌い込み不足も重なり、自分自身の出来は反省しきり。
ステージは、体力温存、集中力維持、気持ちの切替が大事であることを改めて痛感する。
第2部終了後、男声合唱の合同演奏が企画され、高校生の指揮により、高校生(叡明高校音楽部、慶應義塾志木高校ワグネル・ソサィエティー男声合唱団等)を中心とした総勢200名弱で、「いざ起て戦人よ」と「斎太郎節」を歌った。
勇壮で迫力ある男声合唱を披露できたと思う。

なお、この日、叡明高校(旧・小松原高校)音楽部は、「またある夜に」(詩:立原道造 曲:北川昇)を、慶應義塾志木高校ワグネル・ソサィエティー男声合唱団は、「Türkisches Schenkenlied」(詩:Johann Wolfgang von Goethe 曲:Felix Mendelssohn)を歌った。
共に、平成27年度全日本合唱コンクール課題曲。
今年のコンクール自由曲は何であろうか?と期待する自分がいた。

終演後は急いで着替え、即ポパイ練習へ向かった。
 ●ポパイ練習150607

男声あんさんぶる「ポパイ」HP

Vive la Compagnie練習150606 [男声合唱プロジェクトYARO会]

13:30−17:00 さいたま市内公共施設
−16:00から途中参加−
16:00−17:00 アンサンブル練習
 男声合唱組曲《柳河風俗詩》から「柳河」
  詩:北原白秋 曲:多田武彦
 旅立ちの日に(男声版) 
  詩:小嶋登 曲:坂本浩美 編:井川丹
  
▼参加者:Top4/Sec5/Bari5/Bass5 計19名
指揮・指導は南めぐみ氏(埼玉県合唱連盟理事)
第4回全日本男声合唱フェスティバル in 京都[7/4−7/5]及び第60回埼玉県合唱祭第2日目[6/7]に向けた練習。
 ●Vive la Compagnie 今年も全日本男フェスに参加します
私は都合により全日本男フェスには参加できないが、埼玉県合唱祭には参加するため「今回の1回だけ」練習に参加した。

今回ヴィヴ・ラ・コンパニーは、特別演奏として、6/7(日)第2部/18番[15:45]に出演する(計21名予定)
 ▼第60回埼玉県合唱祭の出演順一覧はこちら
昨年の第3回全日本男声合唱フェスティバル in 岡山に参加した功績が認められ?、今回特別演奏枠が設けられたのである。
埼玉県合唱連盟のご配慮が、大変嬉しかった。
なお、特別演奏枠には、北陸新幹線開通記念「日本の歌百選合唱フェスティバル」(3/15:金沢市) に参加された「彩の国女声合唱団」 も出演される。
 ●第3回全日本男声合唱フェスティバル in 岡山
 ●第3回全日本男声合唱フェスティバル in 岡山 に参加します

8:00から15:30まで合唱祭にて会場係業務に従事後、急いで練習会場に向かった。
自分自身は気持ちがなかなか切り替わらず、声もまともに出ない、周囲との声の融合とハーモニー調和に時間を要す。
明日は9:00から15:00まで、誘導係業務に従事する。
明日の演奏がやや不安になった自分であった。
「柳河」「旅立ちの日に」共に、暗譜が万全でないことも不安材料である。

Vive la Compagnie 今年も全日本男フェスに参加します [男声合唱プロジェクトYARO会]

第4回全日本男声合唱フェスティバル in 京都が、今年7月4日(土)−5日(日)の日程で開催される。
 ▼第4回全日本男声合唱フェスティバル in 京都 開催概要はこちら
前回の第3回全日本男声合唱フェスティバル in 岡山に引き続いて、Vive la Compagnieが急遽参加することになった。
[第3回全日本男声合唱フェスティバル in 岡山]
500.jpg
前回同様(計12名出演)、今回も急拵えで組織された。
急拵え故、今回も15名予定。
指揮は、前回に引き続き、南めぐみ氏に依頼した。

私は仕事の都合で、残念ながら参加を見送った次第である。
あ〜、あっけなく、第1回からの連続出演記録が途絶えてしまった。
【第1回:宮崎市 第2回:会津若松市 第3回:岡山市】

それにしても、今年の男声合唱プロジェクトYARO会は多忙である。
まずは、今週末開催の《日墺文化協会 合唱の午後2015》に全力投球だ!
 ●2015年YARO会始動
 ●Vive la Compagnie練習150411

▼Vive la Compagnie[ヴィヴ・ラ・コンパニー]の活動履歴
 2010年[平成22年]
  第53回埼玉県合唱コンクール[一般部門]
  ●銀賞[総合第7位/21団体中]
 2011年[平成23年]
  第54回埼玉県合唱コンクール[一般部門]
  ●金賞[総合第5位/20団体中]
  第66回関東合唱コンクール[一般B部門]
  ●銀賞[総合第5位/11団体中]
 2012年[平成24年]
  第55回埼玉県合唱コンクール[一般部門]
  ●銀賞[総合第9位/20団体中]
 2013年[平成25年]
  −活動休み−
 2014年[平成26年]
  第3回全日本男声合唱フェスティバル in 岡山

男声合唱プロジェクトYARO会 HP
Vive la Compagnie HP

Vive la Compagnie練習150411 [男声合唱プロジェクトYARO会]

14:00−17:00 上尾市内教育施設
14:00−14:30 体操・発声
14:30−17:00 アンサンブル練習
 男声合唱組曲「尾崎喜八の詩から」 
  詩:尾崎喜八 曲:多田武彦
   冬野/最後の雪に/天上沢/かけす
  
▼参加者:Top6/Sec6/Bari11/Bass9 計32名
《日墺文化協会 合唱の午後2015》[4/18(土)]に向けた第4回目練習で最終練習。
オンステ数は36名。
紀尾井ホールの素晴らしい音響を存分に楽しみたい。
 ●2015年YARO会始動

《日墺文化協会 合唱の午後2015》
日時:4月18日(土) 13:00開場/13:30開演
会場:紀尾井ホール[800席]
企画・構成:岸信介氏
出演
 Musica Nova Consort(男声)
 Rosa Mariano(女声)
 男声合唱団ヴィヴ・ラ・コンパニー(男声)
 女声合唱団花の風(女声)
 大久保混声合唱団(混声)
 ハルモニア・アンサンブル(混声)[招待演奏]
 佐々木典子(ソプラノ)[特別出演]
 ▼日墺文化協会HP内の紹介ページはこちら/Facebookはこちら

 kioihall400.jpg
 ▼男声合唱プロジェクトYARO会 HP
 ▼Vive la Compagnie HP
前の10件 | - 男声合唱プロジェクトYARO会 ブログトップ