So-net無料ブログ作成
UTA Company ブログトップ
前の10件 | -

JCDA合唱の祭典2012〜第13回北とぴあ合唱フェスティバル〜 [UTA Company]

6/10(日)、JCDA合唱の祭典〜第13回北とぴあ合唱フェスティバル〜に、UTA Companyのメンバーとして出演した。
会場は、北とぴあさくらホール[1,300席]
北とぴあ合唱フェスティバルには、3年連続で出演する機会をいただいた。
 ●第11回北とぴあ合唱フェスティバル
 ●JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜[リハーサル編]
 ●JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜[本番編]

フェスティバルは6/8(金)−6/10(日)の3日間開催され、UTA Companyが出演したステージは、第3日(6/10)のクロージング・コンサート。
 世界の現在を聴く Vol.3 〜パミントゥアンの導くフィリピン合唱音楽〜

当日のスケジュールは、下記の通り。
 11:00−12:00 当日練習(アカデミー茗荷)
 13:45 集合
 14:00−14:30 単独ステージリハーサル1(リハーサル室)
 15:30−16:30 合同ステージリハーサル(ステージ)
 17:00−17:20 単独ステージリハーサル2(リハーサル室)
 17:30 開演
 17:40 本番1 UTA Company
 19:40 本番2 合同演奏
 20:00 終演
 20:30 打上げ(まぐろ居酒屋 さかなや道場 王子北口店
 
ゲスト:John August Pamintuan氏[作曲家・指揮者] 司会:仁階堂孝氏
 ●Pamintuan(パミントゥアン)氏とFacebook上で《 友達 》になった
UTA Company[混声30名] 指揮:笹口圭吾
  Ave verum corpusRegina Caeli 曲:John August Pamintuan
・UTA Companyは、混声合唱団歌好と合唱団RUO Companyと友人等による合同体。
 歌好の[UTA]とRUO Companyの[Company]から名付けられた期限付き合唱団。
 昨年同様に、練習回数5回で本番に臨んだ。
・曲の難易度が高いこともあり、楽曲の魅力をしっかりと表現できなかった面もあったが、新進気鋭の作曲家の作品を演奏する機会を得たことは、今後の合唱活動において大いに役立った。

合同合唱 曲・指揮:John August Pamintuan 
 Nihon no tame no inori
 Mata aeru[JCDA委嘱作品/世界初演]

−雑感−
●都留文科大学合唱団[混声](指導:清水雅彦)
 指揮:John August Pamintuan
●Natural Voices[混声] 指揮:中舘伸一
・両団体が奏でた柔らかでしなやかな演奏に、自然に心が寄り添うことができ、笑みを浮かべながら鑑賞した。

●杉並学院・菊華混声合唱団[混声] 指揮:渕上貴美子
・会場内の空気が一瞬にして変化した秀逸な演奏。
 十分に訓練された硬質な音色と声の一体感と圧力感が、会場内に響き渡っていた。
 De ProfundisChristus factus est
・John August Pamintuan氏が驚愕し、「最も印象に残った演奏であった!」とfacebookで語られていた。
 ●CD新譜:「菊の音 杉の音」
 ▼杉並学院・菊華混声合唱団が参加した第49回ポルチア城館国際合唱コンクール結果は
  こちら1こちら2
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

UTA Company練習120602 [UTA Company]

13:00−16:00 文京区内公共施設
13:00−16:00
 「Ave verum corpus」「Regina Caeli」のアンサンブル練習
 曲:John August Pamintuan

▼参加者:Sop9/Alt7/Ten6/Bass7 計29名位
6/10(日)開催のJohn Augast Pamintuan作品演奏会に向けた第5回目練習(最終)
指揮・指導は笹口圭吾氏
 ●UTA Company2が始動! John August Pamintuan作品を歌う!
 ●Pamintuan(パミントゥアン)氏とFacebook上で《 友達 》になった

▼JCDA合唱の祭典2012〜第13回北とぴあ合唱フェスティバル〜の紹介ページはこちら 
 日時:6/8(金)−6/10(日)
 会場:北とぴあ(さくらホール/つつじホール/飛鳥ホール)

UTA Company2が出演するステージは、第3日(6/10)のクロージングコンサート。
 世界の現在を聴く Vol.3 〜パミントゥアンの導くフィリピン合唱音楽
 開演:17:30 会場:北とぴあさくらホール[1,300席]

自宅にてきちんと音取りをしたこともあり、苦手なパート内のDiv.(半音、全音のぶつかり=クラスター的な密集和声)に、何とか対応できるようになった。
やっと音が体に入り込んだ感覚を得たので、一安心だ。
前日の6/9(土)は埼玉県合唱祭(ポパイ出演)、2日続きのステージ。
埼玉県合唱祭後の打上げで、
 飲み過ぎないように! 
 喋らないように!! 
 歌わないように!!!
体調管理に留意し、本番ステージに臨む。

Ave verum corpus 演奏:The Chamber Choir of Asia
 

Regina Caeli 演奏:Ateneo de Manila College Glee Club(Philippines)
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

UTA Company2練習120519 [UTA Company]

13:00−16:30 板橋区内公共施設
13:00−16:30
 合同演奏曲「Mata aeru」「Nihon no tame no inori」の音取り 
 曲:John August Pamintuan
 「Ave verum corpus」「Regina Caeli」のアンサンブル練習
 曲:John August Pamintuan

▼参加者:Sop6/Alt4/Ten4/Bass4 計17名位
6/10(日)開催のJohn Augast Pamintuan作品演奏会に向けた第3回目練習。
練習計画は、計5回予定。
指揮・指導は笹口圭吾氏
 ●UTA Company2が始動! John August Pamintuan作品を歌う!
 ●UTA Company2練習120414
 ●Pamintuan(パミントゥアン)氏とFacebook上で《 友達 》になった

▼JCDA合唱の祭典2012〜第13回北とぴあ合唱フェスティバル〜の紹介ページはこちら 
 日時:6/8(金)−6/10(日)
 会場:北とぴあ(さくらホール/つつじホール/飛鳥ホール)

UTA Company2が出演するステージは、第3日(6/10)のクロージングコンサート。
 世界の現在を聴く Vol.3 〜パミントゥアンの導くフィリピン合唱音楽
 開演:17:30 会場:北とぴあさくらホール[1,300席]

業務疲れ、楽譜を開く余裕のなさが重なり、今回も自習せずに練習に参加。
当然ながら、パート内のDiv.(半音、全音のぶつかり=クラスター的な密集和声)に上手く対応できない始末で、落ち込む。
気合いを入れ直し、音を体に染み込ませ、練習及びステージに臨まねばならない。
合同演奏曲「Mata aeru」「Nihon no tame no inori」は、Pamintuan氏が指揮する。

Ave verum corpus 演奏:The Chamber Choir of Asia
 

Regina Caeli 演奏:Ateneo de Manila College Glee Club(Philippines)
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

UTA Company2練習120414 [UTA Company]

14:00−16:00 文京区内の教会
14:00−16:00 
 「Ave verum corpus」「Regina Caeli」の音取り及びアンサンブル練習
 曲:John August Pamintuan

▼参加者:Sop7/Alt4/Ten5/Bass5 計21名位
6/10(日)開催のJohn Augast Pamintuan作品演奏会に向けた第1回目練習。
指揮・指導は笹口圭吾氏
 ●UTA Company2が始動! John August Pamintuan作品を歌う!
▼JCDA合唱の祭典2012〜第13回北とぴあ合唱フェスティバル〜の紹介ページはこちら 
 日時:6/8(金)−6/10(日)
 会場:北とぴあ(さくらホール/つつじホール/飛鳥ホール)

UTA Company2が出演するステージは、第3日(6/10)のクロージングコンサート。
 世界の現在を聴く Vol.3 〜パミントゥアンの導くフィリピン合唱音楽
 開演:17:30 会場:北とぴあさくらホール[1,300席]
参加団体が少ない模様で「4団体」位とのこと。
なお、午前中に開催される「小・中・高NHK全国学校音楽コンクール課題曲講習会」にて、千原英喜先生が講師として招聘されている。
ご挨拶できるかなあ〜。

事前準備なしに初見で歌った。
パート内や他パートとの一音、半音のぶつかり合いが多々あり、ぶつかり合うクラスター的な密集和声が苦手な自分は、大変苦慮した次第。
隣で歌うN氏の音をガイドにしながらも、間違った音を発して歌う始末だ。
演奏者として自覚が足りないなあと感じながらも.....
「Regina Caeli」は、テノールは上の「A」「H」(強弱記号はmf)があり、当然ながらファルセット歌唱。
ベースは、終盤にLow-Dが多数あり、苦慮されていた。
2時間の短時間であったが、2曲共最後まで音取りが終了し、アンサンブルに進んだ。

▼Ave verum corpus 演奏:The Chamber Choir of Asia
 
▼Regina Caeli 演奏:混声合唱団はもーるKOBE
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

UTA Company2が始動! John August Pamintuan作品を歌う! [UTA Company]

昨年結成された即席合唱団「UTA Company」が、今年も活動開始する!
UTA Companyは、混声合唱団「歌好」合唱団RUO Companyと友人等による合同体。
歌好の[UTA]とRUO Companyの[Company]から名付けられた期限付き合唱団である。
 ●JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜[リハーサル編]
 ●JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜[本番編]

合唱団の名称は「UTA Company2」、指揮は笹口圭吾氏
出演ステージは、JCDA合唱の祭典2012〜第13回北とぴあ合唱フェスティバル〜。
昨年に引き続き、JCDA合唱の祭典に参加させていただく。
▼上記イベントの紹介ページはこちら 
 日時:6/8(金)−6/10(日)
 会場:北とぴあ(さくらホール/つつじホール/飛鳥ホール)

UTA Company2が出演するステージは、第3日(6/10)のクロージングコンサート。
 世界の現在を聴く Vol.3 〜パミントゥアンの導くフィリピン合唱音楽
  開演:17:30予定 会場:北とぴあさくらホール[1,300席]

フィリピンの作曲家:John Augast Pamintuan〈ジョン・オーガスト・パミントゥアン〉を招き、Pamintuan氏の作品のみを演奏、言わば【Pamintuan作品集/個展】である。
 ▼Pamintuan氏のHPはこちら
 ▼Pamintuan氏の作品動画集はこちら
 ▼Pamintuan氏[1972− ]の経歴はこちら(混声合唱団はもーるKOBEのHP内)

UTA Company2は、「Ave verum corpus」「Regina Caeli」の2曲を演奏予定。
また、出演団体による合同合唱にて、委嘱新作「Mata aeru」(世界初演)を予定している。
 ●Pamintuan(パミントゥアン)氏とFacebook上で《 友達 》になった

▼Ave verum corpus 演奏:The Chamber Choir of Asia
 
▼Regina Caeli 演奏:混声合唱団はもーるKOBE
 
「Regina Caeli」は、混声合唱団はもーるKOBEがに世界初演(2010年8月)した楽曲だ。

これでJCDA合唱の祭典には、【3年連続】で出演させていただくことになる。
私にとって、縁深いイベントの一つと言えよう。
 ●第11回北とぴあ合唱フェスティバル
今月中旬から練習開始し、練習回数【5回】でステージに臨む。
ステージを存分に楽しみたいと思っている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜[本番編] [UTA Company]

■17:30開演
 ゲスト:Eric Whitacre氏[作曲家・指揮者] 司会:仁階堂孝氏
−第1部−
 ●UTA Company 指揮:笹口圭吾
  This Marriage/A Boy and a Girl/i will wade out(1999)
 ・UTA Companyは、混声合唱団歌好と合唱団RUO Companyと友人等による合同体。
  歌好の[UTA]とRUO Companyの[Company]から名付けられた期限付き合唱団。
  練習回数5回で本番に臨んだ。
 ・ほど良い緊張感を持ちながら、足も震えず咳も出ず、集中して歌うことができた。
 ・演奏録音を確認していないので客観的な評価はできないが、全国大会出場団体、宝塚国際
  コンクール上位入賞団体、ヨーロッパ国際コンクールグランプリ受賞や上位入賞団体、
  TVEC上位入賞団体といった実力派上級合唱団との競演の中、恥ずかしくない演奏ができ
  たのではないかと思われる。
 ・合唱通の友人曰く、 
  「トップバッターとしての役割はきちんと担っていて綺麗な演奏であったが、歌詞やサウ
   ンドが少しモヤモヤしていた。」との評価。
  英語歌詞の子音発声が弱かったのであろうなあ。
 ・貴重なステージを経験させていただた笹口氏、嵯峨氏、メンバーに感謝している。
 UTA500.jpg

 ●混声合唱団鈴優会 指揮:名島啓太 ピアノ:太田由美子
  Little tree
 ・残念ながら、演奏を聴けず。

 ●ゆとコラ!!&女声合唱団ぴゅあはーと 指揮:山脇卓也
  Sleep(2000)/Lux Aurumque(2000)
 ・両曲共、ぜひ歌いたかった楽曲故、羨望の想いでじっくりと鑑賞した。
 ・若い世代のメンバー構成、張りのある、真っすぐな声が印象的。
 ・「Sleep」の終息が、大変秀逸!
 ・「Lux Aurumque」を歌いたい衝動が再来した。美しい曲だ。
  男声版で歌うか否か。
  序盤のソプラノSoloは、しっかりと歌われていた。

 ●Vocal Ensemble《EST》 指揮:向井正雄  
  Nox Aurumque(2009)/hope,faith,life,Love(1999)
 ・「Nox Aurumque」は「Lux Aurumque」の姉妹編とのことだが「Lux Aurumque」
  の雰囲気と違い、作風がちょっと怖い印象を受けた。
  しかしながら、堂々たる重厚な演奏!
 ・朝日コンクール全国大会でも選曲した「hope,faith,life,Love」は美しい。
 ・国内大会上位入賞、ヨーロッパ国際コンクールグランプリ受賞といった輝かしい成績を
  残されている団体の演奏は、勉強になった。

−招待演奏−
 ●福島県立福島高等学校合唱団 指揮:Eric Whitacre
  Go, lovely rose(1992) 指揮:Eric Whitacre
  I Hide Myself(1992) 指揮:石川千穂
 ・Whitacre氏による直接指導&指揮は、忘れられない経験となったであろう。
 ・始発の新幹線で東京入り、終電の新幹線で帰宅、火曜日から中間試験とのこと。
  大変なスケジュールの中、素敵な演奏を聴かせていただきありがとうございました。

−第2部−
 ●Fontana di Musica 指揮:安達陽一氏
  1st Vn:亀田夏絵 2nd Vn:崔樹瑛 Vla:島岡万里子 Vc:高木俊彰
  5 Hebrew Love Songs(弦楽四重奏版)
 ・第1部の選曲が似た感じの曲調に纏まったこともあり、弦楽四重奏入りの曲は他団体と明
  らかに一線を画した選曲で、素晴らしかった。
 ・歌い手全員がプロの声楽家ということも異色であった。

 ●harmonia ensemble 指揮:なし
  With a lily in your hand(1992)/Go, lovely rose(1992)
 ・先月末開催の第40回フロリレージュ国際合唱コンクールでグランプリ受賞した団体。
  初めて生演奏を鑑賞し、すっかり心が奪われてしまった。
  WYC出身者とか音楽大学出身者(又は在学中)といったことは、気にならなかった。
  良い音楽を聴かせていただければ、それだけで良い。
 ・指揮者は置かず、個々人の高い技術力と自発的な音楽表現に感動。
  洗練された都会的なサウンドと音楽スタイルで、自分はこういう音楽観が好きだ!
 ・女声11名、男声13名、演奏前はパートバランスが悪いなあと心配したが、男声が控えて
  上手に女声を支え、ブレンドされた和声が素晴らしい。
 ・若者が多いが若者特有な硬質な声ではなく、芯があって柔らかな声。
  トレーニングされている声だ。
 ・1曲目が終了した後、客席から大きな拍手が寄せられた。
  全団体を通じて、曲間で拍手が寄せられたのはこの団体だけだった(と思う)
 ・高い技術力をひけらかそうとか、力技で観客を支配しようという嫌な感じが微塵も感じら
  れず、心に響いてきて、あっという間に演奏終了。
  あ−、もう少し聴いていたいと素直に思った。
 ●Stephen Leekの「Kondalilla」はこれかな? 
 ●harmonia ensembleによる「Kondalilla」
 ●harmonia ensemble第2回定期演奏会のご案内

 ●Ensemble Evergreen 指揮:仁階堂孝
  Water night(1995)
 ・この曲も歌いたかった。
 ・演奏終了後の舞台裏で、harmonia ensembleとEnsemble Evergreenを掛け持ちされた
  O氏と、暫しの間[小声]で情報交換させていただいた。
 
 ●室内合唱団VOX GAUDIOSA 指揮:松下耕
  Cloudburst(1992)
 ・客席で聴きたかったが、合同合唱の移動で演奏開始直後はロビー集合、舞台裏へと移動
  し、舞台裏で後半を聴かせていただいた。残念でならず。
  他団体とは異色な楽曲で、迫力、力強さ、華やかさ、打楽器(大太鼓、ハンドベル、
  ウィンドチャイムサンダーシート等)、パフォーマンス(指パッチン等による雨音の
  擬音)で間違いなく観客を惹き付ける効果的な曲。
  サンダーシートは、管弦楽や吹奏楽では「アルプス交響曲〜雷雨と嵐、下山」
 (曲:Richard Strauss)、「グランド・キャニオン組曲〜豪雨」(曲:Ferde Grofe)の
  中で使用されているが、合唱では恐らく稀有であろう?
 ・合唱通の友人曰く、
  「この団体が総合力で一番良かった!」との評価。
 
 ●合同合唱 指揮:Eric Whitacre ピアノ:清水敬一
  The Seal Lullaby(アザラシの子守歌)
 ・220名程度の大編成による合同合唱。
 ・無我夢中で歌い、合唱音楽を心の底から楽しんだ。
  曲が終わった後、観客の盛大な拍手と満足した笑顔が忘れられない記憶となった。

上記楽曲の参考音源は、Eric Whitacre氏の公式サイトで全曲鑑賞可。
 ▼Eric Whitacre氏の公式サイトはこちら

演奏会終了後は、トンペイN氏と椋木公洋氏と会食した。
会食場所が偶然にも「Whitacre氏を囲んでの懇親会」会場と同じビルで、ビル前にWhitacre氏がいらした。
会食の後半になって、トンペイ嵯峨氏(UTA Company代表)も加わり楽しい時を過ごす。
外に出ると、司会進行の大役を務めた仁階堂孝氏に偶然お会いし、名刺を差し出しご挨拶申し上げた。
 私:「来年の[世界の現代(いま)を聴く Vol.3]はどんな企画ですか?」
 仁階堂氏:「企画検討中です。」
直球な質問で、大変失礼いたしました。
機会があれば、来年の北とぴあ合唱フェスティバルへも出演したいという想いが、沸々と湧いてきた。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜[本番編] [UTA Company]

■17:30開演
 ゲスト:Eric Whitacre氏[作曲家・指揮者] 司会:仁階堂孝氏
−第1部−
 ●UTA Company 指揮:笹口圭吾
  This Marriage/A Boy and a Girl/i will wade out(1999)
 ・UTA Companyは、混声合唱団歌好と合唱団RUO Companyと友人等による合同体。
  歌好の[UTA]とRUO Companyの[Company]から名付けられた期限付き合唱団。
  練習回数5回で本番に臨んだ。
 ・ほど良い緊張感を持ちながら、足も震えず咳も出ず、集中して歌うことができた。
 ・演奏録音を確認していないので客観的な評価はできないが、全国大会出場団体、宝塚国際
  コンクール上位入賞団体、ヨーロッパ国際コンクールグランプリ受賞や上位入賞団体、
  TVEC上位入賞団体といった実力派上級合唱団との競演の中、恥ずかしくない演奏ができ
  たのではないかと思われる。
 ・合唱通の友人曰く、 
  「トップバッターとしての役割はきちんと担っていて綺麗な演奏であったが、歌詞やサウ
   ンドが少しモヤモヤしていた。」との評価。
  英語歌詞の子音発声が弱かったのであろうなあ。
 ・貴重なステージを経験させていただた笹口氏、嵯峨氏、メンバーに感謝している。
 UTA500.jpg

 ●混声合唱団鈴優会 指揮:名島啓太 ピアノ:太田由美子
  Little tree

 ●ゆとコラ!!&女声合唱団ぴゅあはーと 指揮:山脇卓也
  Sleep(2000)/Lux Aurumque(2000)
 ・両曲共、ぜひ歌いたかった楽曲故、羨望の想いでじっくりと鑑賞した。
 ・若い世代のメンバー構成、張りのある、真っすぐな声が印象的。
 ・「Sleep」の終息が、大変秀逸!
 ・「Lux Aurumque」を歌いたい衝動が再来した。美しい曲だ。
  男声版で歌うか否か。
  序盤のソプラノSoloは、しっかりと歌われていた。

 ●Vocal Ensemble《EST》 指揮:向井正雄  
  Nox Aurumque(2009)/hope,faith,life,Love(1999)
 ・「Nox Aurumque」は「Lux Aurumque」の姉妹編とのことだが「Lux Aurumque」
  の雰囲気と違い、作風がちょっと怖い印象を受けた。
  しかしながら、堂々たる重厚な演奏!
 ・朝日コンクール全国大会でも選曲した「hope,faith,life,Love」は美しい。
 ・国内大会上位入賞、ヨーロッパ国際コンクールグランプリ受賞といった輝かしい成績を
  残されている団体の演奏は、勉強になった。

−招待演奏−
 ●福島県立福島高等学校合唱団 指揮:Eric Whitacre
  Go, lovely rose(1992) 指揮:Eric Whitacre
  I Hide Myself(1992) 指揮:石川千穂
 ・Whitacre氏による直接指導&指揮は、忘れられない経験となったであろう。
 ・始発の新幹線で東京入り、終電の新幹線で帰宅、火曜日から中間試験とのこと。
  大変なスケジュールの中、素敵な演奏を聴かせていただきありがとうございました。

−第2部−
 ●Fontana di Musica 指揮:安達陽一氏
  1st Vn:亀田夏絵 2nd Vn:崔樹瑛 Vla:島岡万里子 Vc:高木俊彰
  5 Hebrew Love Songs(弦楽四重奏版)
 ・第1部の選曲が似た感じの曲調に纏まったこともあり、弦楽四重奏入りの曲は他団体と明
  らかに一線を画した選曲で、素晴らしかった。
 ・歌い手全員がプロの声楽家ということも異色であった。

 ●harmonia ensemble 指揮:なし
  With a lily in your hand(1992)/Go, lovely rose(1992)
 ・先月末開催の第40回フロリレージュ国際合唱コンクールでグランプリ受賞した団体。
  初めて生演奏を鑑賞し、すっかり心が奪われてしまった。
  WYC出身者とか音楽大学出身者(又は在学中)といったことは、気にならなかった。
  良い音楽を聴かせていただければ、それだけで良い。
 ・指揮者は置かず、個々人の高い技術力と自発的な音楽表現に感動。
  洗練された都会的なサウンドと音楽スタイルで、自分はこういう音楽観が好きだ!
 ・女声11名、男声13名、演奏前はパートバランスが悪いなあと心配したが、男声が控えて
  上手に女声を支え、ブレンドされた和声が素晴らしい。
 ・若者が多いが若者特有な硬質な声ではなく、芯があって柔らかな声。
  トレーニングされている声だ。
 ・1曲目が終了した後、客席から大きな拍手が寄せられた。
  全団体を通じて、曲間で拍手が寄せられたのはこの団体だけだった(と思う)
 ・高い技術力をひけらかそうとか、力技で観客を支配しようという嫌な感じが微塵も感じら
  れず、心に響いてきて、あっという間に演奏終了。
  あ−、もう少し聴いていたいと素直に思った。
 ●Stephen Leekの「Kondalilla」はこれかな? 
 ●harmonia ensembleによる「Kondalilla」
 ●harmonia ensemble第2回定期演奏会のご案内

 ●Ensemble Evergreen 指揮:仁階堂孝
  Water night(1995)
 ・この曲も歌いたかった。
 ・演奏終了後の舞台裏で、harmonia ensembleとEnsemble Evergreenを掛け持ちされた
  O氏と、暫しの間[小声]で情報交換させていただいた。
 
 ●室内合唱団VOX GAUDIOSA 指揮:松下耕
  Cloudburst(1992)
 ・客席で聴きたかったが、合同合唱の移動で演奏開始直後はロビー集合、舞台裏へと移動
  し、舞台裏で後半を聴かせていただいた。残念でならず。
  他団体とは異色な楽曲で、迫力、力強さ、華やかさ、打楽器(大太鼓、ハンドベル、
  ウィンドチャイムサンダーシート等)、パフォーマンス(指パッチン等による雨音の
  擬音)で間違いなく観客を惹き付ける効果的な曲。
  サンダーシートは、管弦楽や吹奏楽では「アルプス交響曲?雷雨と嵐、下山」
 (曲:Richard Strauss)、「グランド・キャニオン組曲?豪雨」(曲:Ferde Grofe)の
  中で使用されているが、合唱では恐らく稀有であろう?
 ・合唱通の友人曰く、
  「この団体が総合力で一番良かった!」との評価。
 
 ●合同合唱 指揮:Eric Whitacre ピアノ:清水敬一
  The Seal Lullaby
 ・220名程度の大編成による合同合唱。
 ・無我夢中で歌い、合唱音楽を心の底から楽しんだ。
  曲が終わった後、観客の盛大な拍手と満足した笑顔が忘れられない記憶となった。

上記楽曲の参考音源は、Eric Whitacre氏の公式サイトで全曲鑑賞可。
 ▼Eric Whitacre氏の公式サイトはこちら

演奏会終了後は、トンペイN氏と椋木公洋氏と会食した。
会食場所が偶然にも「 Whitacre氏を囲んでの懇親会」会場と同じビルで、ビル前にWhitacre氏がいらした。
会食の後半になって、トンペイ嵯峨氏(UTA Company代表)も加わり楽しい時を過ごす。
外に出ると、司会進行の大役を務めた仁階堂孝氏に偶然お会いし、名刺を差し出しご挨拶申し上げた。
 私:「来年の[世界の現代(いま)を聴く Vol.3]はどんな企画ですか?」
 仁階堂氏:「企画検討中です。」
直球な質問で、大変失礼いたしました。
機会があれば、来年の北とぴあ合唱フェスティバルへも出演したいという想いが、沸々と湧いてきた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜[リハーサル編] [UTA Company]

6/12(日)、「世界の現代(いま)を聴くVol.2 エリック・ウィテカー」に出演した。
UTA Companyとして、ポパイN島氏、ポパイN木氏、トンペイ嵯峨氏とご一緒した。
6/10(金)−6/12(日)の3日間に渡り開催された「JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜」[主催:日本合唱指揮者協会]のクロージングコンサート。
会場は、北とぴあさくらホール[1,300席]
 ●JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜のご案内
昨年に引き続き、私はこのイベントに参加した次第だ。
 ●第11回北とぴあ合唱フェスティバル

■12:00−12:40 合同演奏曲のリハーサル1[つつじホール]
 ●指揮:向井正雄氏/ピアノ:清水敬一氏/英語歌詞指導:佐藤賢太郎氏
 ●曲目:The Seal Lullaby
 ・ホール前でH氏(前・埼玉栄高校コーラス部指揮者)とH氏(小松原高校音楽部指揮者)
  に偶然お会いし、ご挨拶を申し上げた。
  お二方は、午前中の「NHK全国学校音楽コンクール課題曲講習会」に参加されていた。
 ・当たり前だが、向井氏の指揮で初めて歌わせていただく。
  見やすい指揮で、限られた時間内で的確な指摘を受け、やはり国内及び国際コンクール
  で活躍されている優秀な方だなあと、感心!
 ・清水敬一氏がピアノ伴奏される姿を、初めて拝見した。
  音楽大学ピアノ科出身ではないのに、伴奏できる技術力を持ち合わせていらして、凄い
  なあと、再び感心!
 ・アメリカに長年滞在された佐藤賢太郎氏から、英語歌詞の発音指導を受けた。
  滑らかで柔らかなAmerican Englishを発音されて凄いなあと、三たび感心!

■13:55−14:30 単独ステージリハーサル1[つつじホールリハーサル室]
 ●指揮:笹口圭吾氏
 ●曲目:This Marriage/A Boy and a Girl/i will wade out
 
■14:50−15:10 単独ステージリハーサル2[さくらホール]
 ・実に良く響くホール。 
  はっきりと4声を確認でき、心地良い音響の中、充実したリハーサル。
  本番ステージへの期待が高まった。
 ・リハーサル終了後、客席にいらした清水昭氏にご挨拶を申し上げた。
  甍会でお世話になっているが、大震災以降練習に参加できていない状況が続いている。  

Whitacre氏は6/10(金)来日予定であったが、Londonから搭乗予定の飛行機が欠航により、予定変更で6/11(土)に来日されたとのこと。
そのため、6/11(土)に予定されていた公開レッスン(演奏会出演団体8団体の内、UTA CompanyとFontana di Musica以外の計6団体受講予定)が急遽中止となった。
東日本大震災、アメリカ大使館等の関係で来日が難しいことを伺っていたので、本当に来日しているのか気になっていたが、本当に来日していた!
さくらホールへの移動途中、施設内の喫茶店でコーヒーを飲みながらくつろいでいたWhitacre氏を、かなり近い位置から拝見する。
 「あ〜、本物のEric Whitacreだあ。」
 「お〜、トム・クルーズに似てるなあ。」
などと思いながら通り過ぎようとした際、彼の方から我々に向かって笑顔で手を振られた。
「流石! アメリカ人だなあ。スマイルだ〜!」などと、四たび感心した自分。
 ▶Eric Whitacre氏の様々な写真はこちら

■16:20−16:50 合同演奏曲のリハーサル2[さくらホール]
 ●指揮:Eric Whitacre氏/ピアノ:清水敬一氏
 ●曲名:The Seal Lullaby
 ・ステージ並びの確認中、客席中央に座っていたWhitacre氏と松下耕氏が握手をした後、
  暫し談笑していた光景が印象的であった。
 ・曲は「あざらしの子守歌」、終始子供を腕の中に優しく抱き、寝かしつける曲だから、
  もっと音量を落とすようにと、幾度も注意を受ける。
 ・ピアノ伴奏の清水氏に対しても、
  「マエストロ!」と微笑みを浮かべながら、すっと清水氏の側に寄り、注意点や要求事
  項を数回話されていた。
 ・まだリハーサル時間が残っているにも係わらず、あっさりと終了。
  「Amazing!」の言葉を残して.....
  正直ちょっと物足りない感を抱いたが、仕方がない。
  多忙なスケジュールや時差等でお疲れだったのであろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

UTA Company練習110605 [UTA Company]

13:00−17:00 板橋区内公共施設

13:00−13:30 体操・発声 
13:30−16:30 
 合同演奏曲「The Seal Lullaby」の音取り&アンサンブル練習
 「This Marriage」「A Boy and A Girli」「i will wade out」のアンサンブル練習
16:30−17:00  上記3曲の通し練習

▶参加者:Sop8/Alt8/Ten8/Bass10 計34名位
6/12(日)開催のEric Whitacre作品演奏会に向けた第5回目の最終練習
UTA Companyは、混声合唱団歌好と合唱団RUO Companyと友人・知人の有志による合同体。
当日のオンステ数は、約35名予定。
当日の出演団体の中で、最大数の人数とのことらしい。
指揮は笹口圭吾氏

▶3曲の歌詞の和訳はこちら[嵯峨秀夫の部屋]
▶UTA CompanyのFacebookはこちら

最初に、合同演奏曲「The Seal Lullaby」の音取りとアンサンブル練習。
指揮はEric Whitacre氏、ピアノ伴奏は清水敬一氏
楽譜は初見であったが、事前に数回YouTube音源を鑑賞していたので、曲調やテンポ等を少し把握していたこともあり歌い易かった。
The Seal Lullaby[指揮:Eric Whitacre]
 

「This Marriage」「A Boy and A Girli」「i will wade out」の仕上がりが良い。
練習回数は5回、ここまで順調に仕上がっている状況が嬉しい。
私自身、3曲が体に入っている。
残す練習は、本番当日のリハーサル(練習室リハとステージリハの計2回)
本番ステージが楽しみだ。 
 ●JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜
 ●JCDA合唱の祭典~第12回北とぴあ合唱フェスティバル~が予定通り開催される
 ●楽譜新譜:Eric Whitacre Choral Works
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

UTA Company練習110521 [UTA Company]

12:00−15:00 文京区内教会

12:00−12:20 体操・発声 
12:20−13:00 「This Marriage」のアンサンブル練習
13:00−13:50 「A Boy and A Girli」のアンサンブル練習
14:00−14:40 「i will wade out」のアンサンブル練習
14:40−15:00  上記3曲の通し練習

▶参加者:Sop6/Alt8/Ten7/Bass9 計30名位
6/12(日)開催のEric Whitacre作品演奏会に向けた第4回目の練習。
前回の5/8練習は都合により欠席したので、4/24以来久しぶりの参加だ。
UTA Companyは、混声合唱団歌好と合唱団RUO Companyと友人・知人の有志による合同体。
当日のオンステ数は、約35名予定。
練習計画は計5回で、残りあと1回。
指揮は笹口圭吾氏

▶当日の練習録音はこちら[嵯峨秀夫の部屋]
▶3曲の歌詞の和訳はこちら[嵯峨秀夫の部屋]
嵯峨氏は、UTA Companyの事務局長である。

「This Marriage」のアンサンブル練習時、Tenorは私を含めてたった2名。
久しぶりに緊張してしまい、他パートの音を聴きながらもの凄く集中して歌った。
和声を乱さずに何とか歌えたかなあと、勝手に評価している。
Ensemble Evergreenの女声お二人が第7回演奏会の宣伝に来られ、最後まで一緒に歌われた。

なお、合同演奏曲は「The Seal Lullaby」とのことだ。
指揮はEric Whitacre氏、ピアノ伴奏は清水敬一氏。
何とも豪華な組合せである。
The Seal Lullaby[指揮:Eric Whitacre]
  
 ●JCDA合唱の祭典2011〜第12回北とぴあ合唱フェスティバル〜
 ●JCDA合唱の祭典~第12回北とぴあ合唱フェスティバル~が予定通り開催される
 ●楽譜新譜:Eric Whitacre Choral Works

練習終了後、3大学ジョイントコンサートの初回合同練習会場(豊島公会堂)へ向かう。
久しぶりのダブルヘッダー練習だ。
 ●「今こそ歌を! 東日本大震災復興支援 三大学ジョイントコンサート」のご案内
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - UTA Company ブログトップ