So-net無料ブログ作成
検索選択
Orphei Drängar ブログトップ
前の10件 | -

おえコラが「Sveriges flagga」を歌う! [Orphei Drängar]

合唱団お江戸コラリアーずが、第34回厚木合唱祭にて招待演奏するとの情報が、facebookで紹介されていた。
曲目を見たら、何と!「Sveriges flagga」(邦題:スウェーデンの旗)を歌うとのこと。
嬉しさの余り、その勢いで紹介させていただく。

第34回厚木合唱祭
日時:7/20(祝・月) 12:30開場/13:00開演
会場:厚木市文化会館大ホール
料金:無料
指揮:村田雅之/山脇卓也
ピアノ:村田雅之
曲目
 ♪世界のうた
  Sveriges flagga
   詩:Karl Gustav Ossiannilsson 曲:Hugo Alfvén
  ベンガルの舟唄(「東洋民謡集I」より)
   ベンガル民謡 曲:池辺晋一郎
  コラ-空を舞うコウノトリ(男声合唱曲集「東洋民謡集IV」より)
   ベトナム民謡 曲:池辺晋一郎
 ♪ポピュラーソング
  東京ブギウギ
   詩:鈴木勝 曲:服部良一 編:宇田川安明
  サボテンの花(「時代~ニューミュージックと呼ばれた歌たち」より)
   詩:曲:財津和夫 編:信長貴富
  君といつまでも
   詩:岩谷時子 曲:弾厚作 編:小池義郎
 ♪邦人合唱作品
  またある夜に(無伴奏男声合唱曲集「あの日たち」より)
   詩:立原道造 曲:北川昇
  くちびるに歌を(男声合唱とピアノのための「くちびるに歌を」より)
   詩:Cäsar Flaischlen 訳詩・曲:信長貴富

「Sveriges flagga」は、機会があったら是非とも歌いたい楽曲の一曲である。
「これぞ、男声合唱の醍醐味!」とも言える勇敢さと迫力に満ちた曲だ。
楽譜はまだ購入していないが、CD音源は所持し、その他YouTubeで鑑賞している。

▼Sveriges Flagga[Kapris 2010] 指揮:Robert Sund
 
 ●Robert Sund氏の近況
 
▼演奏例1はこちら(歌詞付き)/歌詞はこちら
▼演奏例2はこちら 
▼演奏例3はこちら[Kapris 2013]
▼演奏例4はこちら(演奏:関西学院グリークラブ 指揮:広瀬康夫)
▼吹奏楽版はこちら

愛聴盤である《OD sings Alfvén》を聴きながら、この記事を纏めた。
 ▼《OD sings Alfvén》の紹介はこちら(Orphei DrängarのHP内)
 (「Sveriges flagga」は7曲目/30秒間の試聴あり)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

OD日本公演がNHK-BSにて放映される! [Orphei Drängar]

12/19(金)、NHK-BSプレミアムクラシック倶楽部(AM6:00~6:55)にて、先々月の10月に来日したOrphei Drängar(OD)の演奏会が放映される。
以前から告知はあったが、曲目等詳細な情報がやっと掲載された。
 ▼NHK-BSプレミアムクラシック倶楽部HPはこちら

指揮:Cecilia Rydinger Alin
Fl/Cl/Sax:Magnus Lindgren
合唱:Orphei Drängar
曲目
 1)OD賛歌(Hör, I Orphei drängar)
   曲:Carl Michael Bellman 編:Hugo Alfvén
 2)ふたりだけの牧場で(Uti vår hage) 曲:Hugo Alfvén
 3)オルフェウス・オーバードライブ(Orpheus Overdrive) 曲:Hans Ek
    Solo:Magnus Lindgren
 4)ロンド(Rondes) 曲:Folke Rabe
 5)ハイ・バーバリーの沿岸(High Barbary) 編:Arthur E.Hall
 6)ムオアイヨウム(Mouyayoum)曲:Anders Hillborg
 7)アヴェ・マリア(Ave Maria) 曲:Franz Biebl
 8)スロヴァキアの歌(Slovenska piesen) 曲:Eugen Suchoň

SURPRISE!(お楽しみコーナー)で歌われた「High Barbary」も含まれている。
 ▼ODによる「High Barbary」はこちら
「High Barbary」は、現在ポパイにて選曲中。
早速、録画セットするのだ!
 ●Orphei Drängarが2014年に来日公演!
 ●Orphei Drängar 日本公演[10/9:東京オペラシティ]
 ●Orphei Drängar 日本公演[10/13:人見記念講堂]
 ●Orphei Drängar 1984年日本公演

都合により、今回の来日公演は鑑賞しなかった。
これまで、ODの演奏会は、2005年の東京オペラシティホールと坂東市民音楽ホール、2010年の東京オペラシティホールと人見記念講堂、計4回鑑賞させていただいたことも大きい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Orphei Drängarの最新演奏会動画 [Orphei Drängar]

Orphei Drängar(OD)の最新演奏会動画である。

Vårkonsertturné 2014
日時:2014年4月4日(金)
会場:Studio Acusticum/Piteå
指揮:Cecilia Rydinger Alin
ピアノ:Folke Alin
▼Orphei Drängar HP内の紹介記事はこちら

 ▼演奏会その1はこちら[38分16秒]
 ▼演奏会その2はこちら[47分51秒]

週末は忙しく出歩いている関係で、まだ鑑賞していない。
恐らく、スウェーデン民謡やお得意の定番曲を中心とした選曲であると思われるが.....

日本にいながら、《ネット》を通じて世界の著名な合唱団の演奏会を鑑賞できる時代であることが、改めて凄い!
 ●Orphei Drängarが2014年に来日公演!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Orphei Drängarが2014年に来日公演! [Orphei Drängar]

Orphei Drängarが、2014年10月に4回目の来日公演を予定している。
 1回目:1984年10月(指揮:Eric Ericson)
  ●Eric Ericson氏がご逝去
 2回目:2005年10月(指揮:Robert Sund)
  ●Robert Sund氏の近況
 3回目:2010年10月(指揮:Cecilia Rydinger Alin)

Orphei Drängar 2014年日本公演
 日時:2014年10月17日(金)−25(土)
 会場:東京/大阪/沖縄
▼Orphei Drängar HP内の紹介記事はこちら[2013/10/10発表]
私の情報収集アンテナは、益々劣化している現状である。

前回の来日公演は、2010年であった。
あの感動と興奮が、来年再び楽しめる!!
 ●Orphei Drängar 日本公演[10/9:東京オペラシティ]
 ●Orphei Drängar 日本公演[10/13:人見記念講堂]
 ●Orphei Drängar 1984年日本公演
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Eric Ericson氏がご逝去 [Orphei Drängar]

世界の合唱界の巨匠:Eric Ericson氏がご逝去された。
享年94歳[1918.10.26−2013.2.16]
心からご冥福をお祈りいたします。
 ▼Orphei DrängarのHPはこちら/facebookはこちら
 ▼Eric Ericsons Kammarkör(Eric Ericson Chamber Choir)のHPはこちら

 ●CD新譜:500 Years of European Choral Music
 ●CD新譜:STÄMNING
 ●Eric EricsonがThe Real Groupを指揮する姿

En vänlig grönskas rika dräkt 曲:Waldemar Åhlén
 Och jungfrun hon går i ringe 曲:スウェーデン民謡 編:Hugo Alfvén
 指揮:Eric Ericson
 演奏:The Real Group
 

▼Eric Ericson氏が指揮した近影映像?[2011.8.24]
 指揮:Eric Ericson
 演奏:Orphei DrängarとVeteran-OD(Orphei DrängarのOB合唱団?)
 

Friede auf Erden(地上の平和) 曲:Arnold Schönberg
 指揮:Eric Ericson
 演奏:World Youth Choir 1989
 

Four Old Hungarian Songs(四つの古いハンガリー民謡) 曲:Béla Bartók 
 指揮:Eric Ericson
 演奏:Orphei Drängar
 

Kung Liljekonvalje(スズランの王様) 曲:David Wikander
 指揮:Eric Ericson
 演奏:The Real Group
 
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

OD、YL、RAMによるJointconcert の模様 その2 [Orphei Drängar]

昨年6月中旬に開催されたOD、YL、RAMの3団体によるJointconcertの演奏音源(インターネットラジオ)第2弾である。
 ●OD、YL、RAMによるJointconcert の模様

「The Nordic-Baltic male chorus festival in Tartu in Estonia」
・OD(Orphei Drängar)
・YL(Ylioppilaskunnan Laulajat)
・RAM(Eesti Rahvusmeeskoor)
 ▼演奏音源はこちら[KLASSIKA RAADIO/1/17放送分:49分29秒]
 Põhja- ja Baltimaade meestelaulu päeva Tallinna kontsert, II
 ●OD at male chorus festival in Estonia

Ylioppilaskunnan Laulajat 指揮:Pasi Hyökki
 1)Charly Niessen, Eddie Cassen – “Tango Desiree”
 2)Eric Whitacre – “Lux Aurumque”
 3)Toivo Kuula – “Illalla”
 4)Jean Sibelius – “Finlandia”

Orphei Drängar 指揮:Alin Cecilia Rydinger
 5)Marco Enrico Bossi – “Il brivido”
 6)Darius Milhaud – “Psaume 121”
 7)Hugo Alfven – “Gryning vid havet”

Eesti RahvusmeeskoorOrphei DrängarYlioppilaskunnan Laulajat
指揮:Alin Cecilia Rydinger
 8)Jan Sandström – “Voujha biegga”
指揮:Pasi Hyökki
 9)Einojuhani Rautavaara – Psalm nr. 23, Psalm nr. 130

Eesti Rahvusmeeskoor 指揮:Andrus Siimon
 10)Galina Grigorjeva – Tsükkel “Nox Vitae”: V Padejet sneg

Eesti RahvusmeeskoorOrphei DrängarYlioppilaskunnan Laulajat
指揮:Andrus Siimon
 11)Tuudur Vettik – “Kuu”
指揮:Alin Cecilia Rydinger
 12)Richard Wagner – Ooper “Tannhäuser”: Palverändurite koor
   歌劇「タンホイザー」〜巡礼の合唱

《Kuu》と《巡礼の合唱》(伴奏:パイプオルガン)を、是非お聴きください!
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Orphei DrängarのTrettondags−Caprice 動画も公開! [Orphei Drängar]

Orphei DrängarによるTrettondags-Capriceが、SVT(swedish tv)にて公開された。
こちらの情報は、Orphei Drängarがfacebookにて紹介された[1/8付け]
Trettondags-Capriceは、2013年1月5日に開催されたコンサートである。
1/17現在、Orphei DrängarのHPのトップページでも紹介されている。
 ▼Orphei DrängarのHPはこちら
 ▼Orphei DrängarのHP内紹介ページはこちら
 ▼Orphei Drängarのfacebookはこちら

Trettondags−Capriceこちら[放映時間:1時間29分40秒]
 指揮:Cecilia Rydinger Alin
 演奏:Orphei Drängar(合唱)
    Kungliga Filharmonikerna(管弦楽)
 ゲスト:Henrik Dorsin(コメディアン?歌手?)
     Ola Salo(ロック歌手)
     Elin Rombo(ソプラノ歌手)
▼演奏曲目はこちら(フィナーレ風景の写真有り)
 
TV放映された曲目は、下記の通り。
 Bellman/Hör, I Orphei drängar arr:Alfvén
  演奏:Orphei Drängar
 R Miller・Murden/Följen er caprice! arr:Per Ekdahl
  演奏:Orphei Drängar
 Salo/The Worrying Kind 
  演奏:Ola Salo
 Kricka/Kdo má pocernú galánku för manskör a cappella
  演奏:Orphei Drängar
 Verdi/È strano! è strano!... Ah, fors’è lui che l’anima ur La traviata
  演奏:Elin Rombo
 Ramel/Erik Anders Svensson-Typing Medley arr:Anders Ekdahl
  演奏:Henrik Dorsin/Elin Rombo/Ola Salo/Orphei Drängar
  ・Maki Yamada氏の笑いを誘う演出が効果的である。
 Lloyd Webber/Medley ur Jesus Christ Superstar arr:Ankarblom
  演奏:Henrik Dorsin/Elin Rombo/Ola Salo/Orphei Drängar
 −休憩−
 Gounod/Choeur des soldats ur Faust
  演奏:Orphei Drängar
 Verdi/Libiamo ne’lieti calici "Brindisi" ur La traviata
  演奏:Elin Rombo/Henrik Dorsin/Ola Salo 
 Britten/ur Matinées musicales
  演奏:Kungliga Filharmonikerna
 Hillborg/O dessa ögon 
  演奏:Elin Rombo/Orphei Drängar
  ・Orphei DrängarとElin Romboの共演。
  ・幻想的なアカペラ曲、素晴らしい!
 Salo/Calleth You, Cometh I arr:Nydesjö 
  演奏:Ola Salo/Orphei Drängar
 Lara/Granada arr:Guinovart 
  演奏:Henrik Dorsin
 Mercury/Somebody to Love arr:Ankarblom
  演奏:Henrik Dorsin/Elin Rombo/Ola Salo/Orphei Drängar
 ・Freddie Mercuryの曲を取り上げるとは、なかなか面白い。
 Mercury/Don’t Stop Me Now arr:Ankarblom
  演奏:Henrik Dorsin/Elin Rombo/Ola Salo/Orphei Drängar
 ・圧巻な盛り上がりであった。

クラシカルな堅苦しい選曲ばかりだけではなく、エンターテイメントを重視した幅広いジャンル(オペラ、ミュージカル、ポップス、ロック等)からの選曲。
コミカルな演出にミュージカル仕立ての演出、更に振り付け、小道具等もある。
2010年日本公演で共演したソプラノ歌手:Elin Rombo氏が出演されている。
日本に居ながらにして、Orphei DrängarのCapriceコンサートを鑑賞できるとは、本当にネット社会のお陰だなあ。
 ●Orphei Drängar 日本公演[10/9:東京オペラシティ]
 ●Orphei Drängar 日本公演[10/13:人見記念講堂]

私自身のfacebookにてシェアさせていただいた直後、Orphei DrängarのメンバーでいらっしゃるMaki Yamada氏から、英語コメントを頂戴した次第である。
ここ数年は英語を使わない生活のため、非常に拙い(恥ずかしい)英語で返信した。
 ●Orphei Drängarメンバーとfacebook上で《 友達 》になった
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

OD、YL、RAMによるJointconcert の模様 [Orphei Drängar]

いつもお世話になっているjoshua様から、今回も(自分にとって)期待度満点の情報をいただいた。
昨年6月中旬に開催されたOD、YL、RAMの3団体によるJointconcertの演奏音源(インターネットラジオ)である。

「The Nordic-Baltic male chorus festival in Tartu in Estonia」
・OD(Orphei Drängar)
・YL(Ylioppilaskunnan Laulajat)
・RAM(Eesti Rahvusmeeskoor)
 ▼演奏音源はこちら[KLASSIKA RAADIO/1/10放送分:48分52秒]
 Põhja- ja Baltimaade meestelaulu päeva Tallinna kontsert, I
 ●OD at male chorus festival in Estonia

Eesti Rahvusmeeskoor 指揮:Andrus Siimon
 1)Andres Lemba – “Gloria”
 2)Cyrillus Kreek – “Taaveti laul” nr. 137
 3)Konstantin Türnpu – “Luiged”

3団体による合同演奏 指揮:Andrus Siimon
 4)Arvo Pärt – “De profundis”

Orphei Drängar 指揮:Cecilia Rydinger Alin ピアノ:Folke Alin
 5)Veljo Tormis – Kaksikpühendus〜 “Ühte laulu tahaks laulda” / “Tähed”
 6)Bob Chilcott – “Newton’s Amazing Grace”
 7)Randall Thompson – “Tarantella”

Ylioppilaskunnan Laulajat 指揮:Pasi Hyökki
 8)Jean Sibelius – “Venematka”
 9)Jean Sibelius – “Humoreski”
10)Jean Sibelius –“Sortunut ääni”

1/17に、第2弾(合同演奏が多数)が放送されるとのことだ。
R.Wagnerの歌劇《Tannhäuser》〜「巡礼の合唱」があるとのこと!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

OD&YL Joint Concert がインターネットラジオにて公開! [Orphei Drängar]

昨年、このブログにて紹介したOD&YL Joint Concert の模様が、インターネットラジオにて公開された。
一昨日、YLがfacebookを通じて紹介した上、北欧音楽情報ではいつも大変お世話になっているjoshua様からも情報をいただいた。
2日連続公演であったが、今回公開されたのは第2日目公演[10/14(日) Uppsala Konsert & Kongress(Uppsala/Sweden) ]、放送時間は1時間34分である。
( ODはOrphei Drängar/YLはYlioppilaskunnan Laulajat
 ●OD&YL Joint Concertのご案内

▼コンサートの模様はこちら[sverigesradio内]
 Orphei Drängar och finska YL –mäktig manskörsklang

日時:2012年10月14日(日)
指揮:Cecilia Rydinger Alin(OD)/Pasi Hyökki(YL)
会場:Uppsala Konsert & Kongress(Uppsala/Sweden)
曲目
第1ステージ [Orphei Drängar]
 C.M.Bellman:Hör I Orphei drängar
 Saint−Saëns:Saltarelle
 Richard Strauss:Durch Einsamkeiten
 Peterson−Berge:Danslek ur Ran
 I.Lidholm:Troget och milt(Baritone Solist/A.Lind)
 Cyrillus Kreek:Taaveti laul nr 137/Psalm 137
 György Orbán:Daemon Irrepit Callidus[2009]
 Simon & Garfunkel/R.Sund:Bridge over troubled water(Piano/Folke Alin)

第2ステージ [Ylioppilaskunnan Laulajat]
 Jean Sibelius:Venematka op.18/3 
 Jean Sibelius:Sortunut ääni op.18/1
 Ko Matsushita:Gloria
 Toivo Kuula:Sirkan häämatka op.34a/6 
 Toivo Kuula:Virta venhettä vie op.4/5a
 Eric Whitacre:Lux Aurumque
 Toivo Kuula:Kullervon laulu op.4/7 
 Toivo Kuula:Polska op.27b/6
 Charly Niessen & Eddie Cassen:Tango Desirée

第3ステージ [合同演奏]
 V.Tormis:Incantatio maris aestuosi
 J.Sandström:Vuojnha biegga

アンコール
 1曲目:不明(Toivo Kuulaの曲か?)
 V. Svedbom:Hej, dunkom sa lange vi lefvom

両団体の声質や表現方法、選曲の対比が、非常に明解で面白い。
YLのBassパート、何と言っても重低音の響きが印象的である。
(容易に想像していたが)合同演奏は、圧巻!
声のブレンド感(一体感)と迫力、北欧の自然描写表現が素晴らしい。
最終曲のJ.Sandström作品が、大変ユニークである。
ODファン、YLファン、北欧男声合唱ファンの皆さん、どうぞお楽しみください!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

OD&YL Joint Concertのご案内 [Orphei Drängar]

Orphei Drängar(OD)とYlioppilaskunnan Laulajat(YL)によるジョイントコンサートが、下記にて開催されるとのことだ。
日本では決して実現しないコンサートであろう。
あ〜、Swedenに駆け付けて聴きに行きたい..... と地団駄を踏んでいる。
 ▼Orphei Drängarのイベント情報はこちら
 ▼Ylioppilaskunnan Laulajatのイベント情報はこちら
  odyl2.jpg
(ODのHPから転載)

日時:2012年10月13日(土)・14日(日)
指揮:Cecilia Rydinger Alin(OD)/Pasi Hyökki(YL)
会場:13日/concert hall Musikaliska(Stockholm/Sweden)
   14日/Uppsala Konsert & Kongress(Uppsala/Sweden)
曲目
第1ステージ Orphei Drängar
 C.M.Bellman:Hör I Orphei drängar
 Saint−Saëns:Saltarelle
 R.Strauss:Durch Einsamkeiten
 Peterson−Berge:Danslek ur Ran
 I.Lidholm:Troget och milt(solist/A Lind)
 C.Kreek:Taaveti laul nr 137/Psalm 137
 Orban:Daemon(2009)
 Simon & Garfunkel/R.Sund:Bridge over troubled water

第2ステージ Ylioppilaskunnan Laulajat
 Jean Sibelius:Venematka op.18/3 Sortunut ääni op.18/1
 Ko Matsushita:Gloria
 Toivo Kuula:Sirkan häämatka op.34a/6 Virta venhettä vie op.4/5a
 Eric Whitacre:Lux Aurumque
 Toivo Kuula:Kullervon laulu op.4/7 Polska op.27b/6
 Charly Niessen & Eddie Cassen:Tango Desirée

第3ステージ[合同演奏]
 V.Tormis:Incantatio maris aestuosi
 J.Sandström:Vuojnha biegga

バラエティに富んだ選曲が、大変興味深い。
Kuula、Sibelius、TormisといったNordic及びBaltic音楽の著名な作曲家の作品を始め、
 OD:György Orbán「Daemon Irrepit Callidus」(忍びよる悪魔)
   Simon & Garfunkel「Bridge over Troubled Water」(明日に架ける橋)
 YL:松下耕「Gloria」
   Eric Whitacre「Lux Aurumque」
といった選曲内容である。

なお、ODとYLは、Nordic and Baltic Male Choir Festival Tartu 2012においてもジョイントコンサートを開催した。
 ●OD at male chorus festival in Estonia
 ●Nordic and Baltic Male Choir Festival Tartu 2012の様子
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - Orphei Drängar ブログトップ