So-net無料ブログ作成
NHKコンクール ブログトップ
前の10件 | -

Nコン課題曲初演映像! [NHKコンクール]

NHK全国学校音楽コンクール課題曲の初演映像が、YouTubeに公開されている。
懐かしい曲が掲載されていて、実に嬉しい!
自分が好きな課題曲を紹介させていただく。
 ▼過去の課題曲リストはこちら

小さな協奏曲[混声]はこちら 詩:木坂涼 曲:寺島尚彦
 昭和63年度(第55回)/中学校の部:A
 指揮:栗山文昭
 ピアノ:浅井道子
 演奏:合唱団OMP
 ▼青森県八戸市立根城中学校合唱部による演奏はこちら

海の不思議[混声]はこちら 詩:川崎洋 曲:平吉毅州
 平成元年度(第56回)/中学校の部:A
 指揮:栗山文昭
 ピアノ:浅井道子
 演奏:合唱団OMP
 ▼青森県八戸市立根城中学校合唱部による演奏はこちら

聞こえる[混声]はこちら 詩:岩間芳樹 曲:新実徳英
 平成3年度(第58回)/高等学校の部
 指揮:関屋晋
 ピアノ:土屋律子
 演奏:松原混声合唱団
 ・関屋晋氏、実にお若い!
 ・清水敬一氏が、テノールで出演されている(下記「生きる」にも出演)
 ●平成4年度第59回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部

生きる[混声]はこちら 詩:谷川俊太郎 曲:新実徳英
 平成7年度(第62回)/高等学校の部
 指揮:関屋晋
 ピアノ:土屋律子
 演奏:松原混声合唱団

また、あした[女声]はこちら 詩:島田雅彦 曲:三枝成彰
 平成10年度(第65回)/高等学校の部
 指揮:関屋晋
 ピアノ:内平麻里
 演奏:法政大学アカデミー合唱団
 ・安積女子高校と宮崎女子高校の演奏音源を、何度も聴き込んだ曲だ。

また、あした[男声]はこちら 詩:島田雅彦 曲:三枝成彰
 平成10年度(第65回)/高等学校の部
 指揮:関屋晋
 ピアノ:内平麻里
 演奏:法政大学アカデミー合唱団
 ・今回、男声版を初めて鑑賞した。
  ピアノ伴奏が、混声版や女声版と比べてかなり相違がある。

きょうの陽に[女声]はこちら 詩:新川和江 曲:髙嶋みどり
 平成13年度(第68回)/高等学校の部 
 指揮:栗山文昭
 ピアノ:浅井道子
 演奏:栗友会ユース・クワイア

風になりたい[混声]はこちら 詩:川崎洋 曲:寺嶋陸也
 平成17年度(第72回)/高等学校の部
 指揮:藤井宏樹
 ピアノ:浅井道子
 演奏:T.R.K.ユース・クワィア
 ・清涼感溢れる、心地良い楽曲である。

風になりたい[男声]はこちら 詩:川崎洋 曲:寺嶋陸也
 平成17年度(第72回)/高等学校の部
 指揮:関屋晋
 ピアノ:浅井道子
 演奏:カシオペア・ユース・クワィア

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

懐かしの映像シリーズ5 [NHKコンクール]

《懐かしの映像シリーズ5》は、さわやか みんなのハーモニー〜NHK全国学校音楽コンクールから〜[高等学校の部]を紹介させていただく。
 ●懐かしの映像シリーズ1
 ●懐かしの映像シリーズ2
 ●懐かしの映像シリーズ3

昭和62年度第54回NHK全国学校音楽コンクール全国大会高等学校の部に出場した9校の演奏を、「1時間」に再編した番組である。
 ●懐かしの映像シリーズ4
 解説:関屋晋氏(合唱指揮者)
 司会:大和田りつ子氏

全国大会の実況を放映後、こうした特集番組が編成されていたようだ。
関屋氏の終始和やかに笑みを浮かべながら解説された姿が、画面一杯に映っている。
放映当時、関屋氏は59歳。
久方の男声合唱団の出場(川越高校)に、心から喜んでいるコメントが印象的であった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

懐かしの映像シリーズ4 [NHKコンクール]

《懐かしの映像シリーズ4》は、昭和62年度第54回NHK全国学校音楽コンクール全国大会高等学校の部(計419校参加)を紹介させていただく。
 ●懐かしの映像シリーズ1
 ●懐かしの映像シリーズ2
 ●懐かしの映像シリーズ3

現行のコンクールは毎年NHKホールにて開催されているが、当時は、NHK支局内のスタジオ収録、又は別会場での収録による録音審査である。
 ●平成4年度第59回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部

昭和62年度第54回NHK全国学校音楽コンクール全国大会高等学校の部
【出場校・曲目・審査結果】
1)北海道地方代表:北海道札幌手稲高等学校(混声)/銅賞
 指揮:伊藤光也 
 [課題曲]わが里程標(マイルストーン) 
      詩:片岡輝 曲:平吉殻州
 [自由曲]混声合唱組曲《海鳥の詩》から「海鵜」
      詩:更級源蔵 曲:廣瀬量平

2)東北地方代表:福島県立安積女子高等学校(女声)/銀賞   
 指揮:菅野正美 
 [課題曲]赤い機関車 
      詩:高田敏子 曲:高木東六
 [自由曲]女声合唱組曲《光る砂漠》から「ふるさと」 
      詩:矢澤宰 曲:萩原英彦

3)関東甲信越地方代表:埼玉県立川越高等学校(男声)/銀賞
 指揮:小髙秀一 
 ●小髙秀一先生がピアニスト!?
 ●埼玉県立川越高等学校音楽部創立50周年記念CD・記念誌
 ●小髙秀一先生 ご逝去
 [課題曲]巨木のうた 
      詩:木島始 曲:林光
 [自由曲]フランスの詩による男声合唱曲集《月下の一群》第二集から「十月の薔薇」
      訳詞:堀口大学 曲:南弘明
 

4)関東甲信越地方代表:山梨県立富士河口湖高等学校(混声)/銅賞 
 指揮:渡辺公男 
 [課題曲]巨木のうた 
      詩:木島始 曲:林光
 [自由曲]混声合唱《風紋》から「第1章 風と砂丘」
      詩:岩谷時子 曲:石井歓

5)東海・北陸地方代表:福井県仁愛女子高等学校(女声)/銅賞
 指揮:朝日留子 
 [課題曲]赤い機関車 
      詩:高田敏子 曲:高木東六
 [自由曲]女声合唱のための《三つの抒情》から「ふるさとの夜に寄す」
      詩:立原道造 曲:三善晃

6)関西地方代表:兵庫県立神戸高等学校(混声)/銅賞 
 指揮:矢田正一 
 [課題曲]わが里程標(マイルストーン) 
      詩:片岡輝 曲:平吉殻州
 [自由曲]混声合唱組曲《風に寄せて》から「その1」
      詩:立原道造 曲:尾形敏幸

7)中国地方代表:島根県立松江北高等学校(混声)/銅賞    
 指揮:勝部俊行 
 [課題曲]わが里程標(マイルストーン) 
      詩:片岡輝 曲:平吉殻州
 [自由曲]混声合唱とピアノのためのバラード《詩世暦日》から「前兆」 
      詩:帆村荘児 曲:尾形敏幸

8)四国地方代表:香川県立坂出高等学校(女声)/銅賞   
 指揮:堀川正彦  
 [課題曲]赤い機関車 
      詩:高田敏子 曲:高木東六
 [自由曲]女声合唱曲集《街路灯》から「マルメロ」 
      詩:北岡淳子 曲:三善晃

9)九州地方代表:鹿児島市立鹿児島女子高等学校(女声)/金賞 
 指揮:脇本正 
 [課題曲]巨木のうた 
      詩:木島始 曲:林光
 [自由曲]無伴奏女声合唱のための《南島歌遊び》から「終曲 島唄は神々を招く」
      曲:福島雄次郎
 ・別次元の発声、強い個性と音楽の完成度が群を抜いていると強く感じた。

【審査員】
 皆川達夫(音楽評論家)
 石井歓(作曲家)[全体講評]
 栗林義信(声楽家)
 三枝成章(作曲家)
 関屋晋(合唱指揮者)
 瀬山詠子(声楽家)
 飯沼信義(作曲家)
 丹羽正明(音楽評論家)
 平野忠彦(声楽家)
 寺島尚彦(作曲家)
 武田光弘(NHK教育番組センター学校教育部長)[審査発表]

 ▼Nコンアーカイブ[高等学校の部 第54回(昭和62年度)]はこちら
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

懐かしの映像シリーズ3 [NHKコンクール]

《懐かしの映像シリーズ3》は、昭和62年度第54回NHK全国学校音楽コンクール1都6県代表校演奏会−高等学校の部−を紹介させていただく。
 ●懐かしの映像シリーズ1
 ●懐かしの映像シリーズ2

●昭和62年度第54回NHK全国学校音楽コンクール1都6県代表校演奏会−高等学校の部−
 放映日:昭和62年
 放送時間:1時間
 会場:NHK101スタジオ
 司会:加賀美幸子アナウンサー
 第1部:コンクール曲
 第2部:愛唱歌

1)千葉県代表/千葉県立千葉東高等学校[6年連続代表]
 指揮:井辻紀一
 課題曲B/わが里程標(マイルストーン) 詩:片岡輝 曲:平吉殻州
 Take Me Home, Country Roads
  原曲:John Denver 詩:Bill Danoff 曲:Taffy Nivert

2)埼玉県代表/埼玉県立川越高等学校
 指揮:小髙秀一
 フランスの詩による男声合唱曲集《月下の一群》第二集から「十月の薔薇」
  訳詞:堀口大学 曲:南弘明
 齋太郎節 宮城県民謡 編:竹花秀昭
 ●関東甲信越大会:金賞受賞/関東甲信越ブロック代表
 ●全国大会:銀賞受賞
▼全国大会の演奏
小髙先生、若かりし頃の勇姿!
 
 ▼Nコンアーカイブ[高等学校の部 第54回(昭和62年度)]はこちら

3)東京都代表/東京都立八潮高等学校
 指揮:平松剛一
 消えた八月 詩:栄谷温子 曲:黒沢吉徳
 混声合唱曲集《風の航跡》から「人は何故」 詩:片岡輝 曲:池辺晋一郎

4)茨城県代表/茨城県立水戸第二高等学校[16年連続代表]
 指揮:中沢敏子
 課題曲D/赤い機関車 詩:高田敏子 曲:高木東六
 小さな木の実 詩:海野洋司 曲:ビゼー

5)栃木県代表/栃木県立宇都宮高等学校
 指揮:永岡国雄
 課題曲A/巨木のうた 詩:木島始 曲:林光
 齋太郎節 宮城県民謡 編:竹花秀昭

6)神奈川県代表/神奈川県立多摩高等学校
 指揮:長沢輝男
 混声合唱組曲《光る砂漠》から「落石」 詩:矢澤宰 曲:萩原英彦
 混声合唱による五つのセレナーデ「心のモザイク」から「クルク・ムック・ルップル」
  詩:若谷和子 曲:湯山昭

7)群馬県代表/群馬県立高崎女子高等学校
 指揮:松原隆介
 女声合唱組曲《海鳥の詩》から「北の海鳥」 詩:更科源蔵 曲:廣瀬量平
 マイマイマイ 詩:山上路夫 曲:R.S.セイカー J.ウインスレー

【全員合唱】
 今日の日はさようなら 詩・曲:金子詔一
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

拝啓 二十歳の君へ~アンジェラ・アキと中学生たち 再会そして未来へ~ [NHKコンクール]

《拝啓 二十歳の君へ~アンジェラ・アキと中学生たち 再会そして未来へ~》
上記タイトルのTV番組が、下記にて放映される。
 NHKーEテレ
 2014年3月22日(土) 午後3:00−午後3:45[45分]
 ▼番組案内はこちら

録画予約した!
必ず観る!!
 ●『手紙』:アンジェラ・アキとNコン課題曲 
 ●楽譜新譜:男声合唱のための熱唱曲集「夢をあきらめないで」

▼アンジェラ・アキ/「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」はこちら
▼アンジェラ・アキ/「手紙 ~拝啓 十五の君へ~ 2014」はこちら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小松原高校がNコン全国大会へ出場! [NHKコンクール]

9/7(土)、大宮ソニックシティ大ホールにて、第80回NHK全国学校音楽コンクール関東甲信越ブロックコンクール(高等学校の部)が開催された。
小松原高等学校音楽部[男声]が金賞を受賞し、全国大会へ出場するとのことだ。
情報収集を怠っていて、近日まで知り得なかった。
 ▼審査結果はこちら
[金賞=全国大会出場校]
 ●千葉県立幕張総合高等学校[混声](千葉県)
 ●豊島岡女子学園高等学校[女声](東京都)
 ●小松原高等学校音楽部[男声](埼玉県)

 ▼演奏動画はこちら[Nコン2013ライブ]
  課題曲:ここにいる 詩:文月悠光 曲:新実徳英
  自由曲:男声合唱とピアノのための「愛の天文学」〜愛の天文学
      詩:寺山修司 曲:土田豊貴

Nコン関連のブログとして有名な「Nコンブログ」の情報によると、高等学校の部の全国大会に男声合唱団が出場するのは、平成7年度の大阪府立淀川工科高校以来、18年ぶりとのこと。
 ▼「Nコンブログ」はこちら
 【Nコン2013】6ブロック同時開催審査結果1日目~男声合唱が18年ぶりに全国の舞台へ

Nコン全国大会第76回(平成21年度)にて金賞受賞(第1位)、第77回(平成22年度)にて銀賞受賞といった実績を誇る杉並学院高等学校(東京都)、全国大会出場経験がある大妻中野高等学校、第65回[平成24年度]全日本合唱コンクール全国大会の高校A部門金賞の日本女子大学附属高等学校(神奈川県)よりも高い評価を得た。

埼玉県勢としては埼玉栄高等学校[混声]以来で、男声合唱では第54回(昭和62年度)の川越高等学校[男声](銀賞受賞/指揮:小髙秀一氏)である。
 ●埼玉県立川越高等学校音楽部創立50周年記念CD・記念誌
 ●小髙秀一先生がピアニスト!?

全国大会での好演を、心から期待している!
頑張ってください!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

有川サチ子先生、健在ぶりを示す! [NHKコンクール]

Nコン2012LIVEにて、全国大会出場団体(高等学校の部)を数団体鑑賞した。
有川サチ子先生(宮崎学園高校合唱部の指揮者)の健在ぶりに、思わず唸ってしまった。
凄い!
有川先生のファンである自分としては、変わらぬ情熱的な指揮ぶり、生徒と一緒に歌詞を口ずさみながら指揮する姿を拝見できて、実に嬉しい。
 ▼Nコン2012 on the Webはこちら

宮崎学園高校の個性[情熱的で観客に「気」を伝える演奏、濃くて深い音色、強めで明確な子音発声等]が前面に表現された秀逸な演奏であると(勝手ながら)感じた。

指揮:有川サチ子 伴奏:馬場沙央里
[課題曲]
●もう一度 
 詩:星野富弘 曲:千原英喜
・冒頭、「すずらんの花」の「す」の一音を聴いた瞬間、適度な滞空時間と明確な発音に鳥肌が立った。
・「もう一度」は、宮崎学園高校の個性にとても合致している。
[自由曲]
●混声合唱とピアノのための組曲「天使のいる構図」〜3. Tempestoso
 詩:谷川俊太郎 曲:松本望  
・怖いくらいに観客に訴えかける情熱型演奏にBravo!
 後半の変拍子[8分の7拍子]の箇所、ややスピード感を落とした演奏で、少し残念。
・新進気鋭の作曲家の作品を選曲するなど(生徒の強い要望かもしれないが)、情報収集のアンテナの高さ、好奇心や向上心の高さ、度量の広さが伺える。

私は、[有川節]の音楽が大好きだ!
「先生から生徒へ、先輩から後輩へ」
宮崎学園高校の個性・合唱観、歌唱技術等が、きちんと伝承されている歴史の重みに、感心しきりである。

有川先生とは、一昨年の11月、宮崎市で開催された第1回全日本男声合唱フェスティバル in みやざきにてお話させていただく機会があり、懐かしく思い返してしまった。
 ●第1回全日本男声合唱フェスティバル in みやざき[交流会編]

タイトルからは話題が外れるが、宮城県仙台三桜高等学校音楽部の指揮者が変わられたようだ。
早速、宮城県合唱連盟役員・事務局員一覧を確認した。
▼宮城県合唱連盟役員・事務局員一覧(2012年4月現在)はこちら
 ●副理事長:内藤淳一(宮城県仙台南高等学校)
 ●事務局員:立谷愛(宮城県仙台三桜高等学校)

桑折金三氏[13年間指導]→内藤淳一氏[2010年〜]→立谷愛(ちかし)氏[2012年〜]
内藤氏がわずか2年で人事異動とは、些か驚いた次第である。
 ●宮城県仙台三桜高校音楽部の新しい指導者
 ●宮城県第三女子高等学校から宮城県仙台三桜高等学校へ

仙台三桜高等学校は、東北ブロック大会で銀賞受賞。
惜しくも、全国大会へは出場できなかった。
 ▼Nコン2012 on the Webはこちら
[課題曲]
●明日(あした)へ続く道 
 詩:星野富弘 曲:千原英喜
[自由曲]
●宮城県民謡によるパラフレーズ~祝い唄(お立ち酒・長持ち唄) 
 曲:本間雅夫
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Nコン東北ブロックコンクール[高校部門]審査結果 [NHKコンクール]

NHK全国学校音楽コンクール東北ブロックコンクール[高校部門]の審査結果が発表された。
 ▶Nコン2011 東北ブロックコンクール 大会結果一覧はこちら
 ▶Nコンブログはこちら
 【Nコン2011】東北ブロックコンクール(高)の審査結果は?
Nコンに関する情報提供は、Nコンブログ〜NHK全国学校音楽コンクール合唱ファンブログが一番であろう!
いつも新鮮かつ瞬時な情報、懐かしい情報を発信していただきまして、ありがとうございます。

●金賞
 宮城県仙台三桜高等学校[女声]
 自由曲:無伴奏女声合唱のための炎の挽歌〜「Ⅰ. 明日香皇女への挽歌」
     詩:万葉集・柿本人磨 曲:西村朗
 ▶演奏動画はこちら(自由曲の歌詞付き情報掲載とは驚く)

 福島県立橘高等学校[女声]
 自由曲:女声合唱とピアノのための組曲「火へのオード」〜「Ⅲ. たいまつをかざして… 」
     詩:新川和江 曲:鈴木輝昭
 
●銀賞
 福島県立郡山高等学校/福島県立安積黎明高等学校 /青森県立八戸東高等学校

●銅賞
 山形県立山形西高等学校

宮城県仙台三桜高等学校が堂々の金賞受賞。
昨年、学校名が代わり(男女共学化)、指揮者も変わった宮城県第三女子高校音楽部。
内藤先生の指導の下、変わらぬ歌唱レベルを維持している結果に、[三女ファン]としては実に嬉しい。
 ●宮城県第三女子高等学校から宮城県仙台三桜高等学校へ
 ●宮城県仙台三桜高校音楽部の新しい指導者

昨年の第77回(平成22年度)全国コンクール金賞受賞の福島県立安積黎明高等学校が「銀賞受賞/全国コンクール出場できず」の結果に、正直驚いた。
本番の出来、課題曲との相性、自由曲の演奏効果(自由曲との相性)、出場枠、審査員の解釈等、コンクールはそういった波乱を引き起こすなあと。
Nコンに関しては、安積黎明高校は全国コンクールへ出場できなかった経験がある。
 ▶福島県立安積黎明高等学校合唱団の受賞歴はこちら
私も含めて、周囲が過度な期待をかけてはいけないのであろうなあ。
音楽に絶対的な評価はない上、感動は聴き手によって様々であるから。
 ●安積黎明高等学校&安積フィメールコール東京 ジョイントコンサートのご案内

 ▶NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール出場校はこちら
 【Nコン2011】全国コンクールの演奏順が発表!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Nコン2011埼玉県コンクール審査結果 [NHKコンクール]

8/1(月)、大宮ソニックシティ大ホールにてNコン2011埼玉県コンクール高等学校の部が開催された。
▶審査結果はこちら
 金賞小松原高等学校[男声]
 自由曲:男声合唱とピアノのための組曲「ハレー彗星独白」[1997]
     〜ハレー彗星独白 詩:大岡信 曲:鈴木輝昭
(自由曲に関しては、合唱関係者から情報提供いただいた)
 ▶小松原高等学校音楽部HPはこちら

日頃から応援している小松原高校音楽部が、Nコン埼玉県大会で金賞受賞を成し遂げた!
おめでとうございます!!
ファンの一人として、実に嬉しい。
▼私のブログ内の小松原高校音楽部関連記事
 ●小松原高等学校音楽部第5回定期演奏会
 ●大東文化大学混声合唱団第48回定期演奏会
 ●埼玉県合唱祭での興味深い情報
 ●第53回埼玉県合唱コンクール[高校部門]は聴きに行けず!

鈴木輝昭作品は、昨年の朝日コンクールにて「カムイユカラ〜アイヌ神謡による男声合唱とピアノのための〜」を選曲して以来、2曲目。
 ●新譜:カムイユカラ〜アイヌ神謡による男声合唱とピアノのための〜

参加校は計10校..... 朝日コンクールと比較すると非常に少ない。
NHKコンクールは年々参加校が減少している傾向、有力校(浦和一女高校、星野高校等)は不参加の状況下であるが、全国大会出場実績がある松伏高校、伊奈学園総合高校を抑えての金賞第1位受賞は、本当に見事だと思う。
当日の審査員は、下記の通り[敬称略]
 片野秀俊(指揮者)/加藤洋朗(指揮者)/桑原妙子(指揮者)/
 古橋富士雄(指揮者)/埼玉県高等学校教育研究会

9/4(日)開催の関東甲信越ブロックコンクールへ出場するが、この勢いで全国大会へ駒を進めて欲しいと願う。
しかしながら、強豪揃いの関東甲信越ブロックは厳しい戦いとなるであろう。
 東京都:杉並学院高校/大妻中野高校/豊島岡女子高校
 千葉県:幕張総合高校
残念なことに、9/4(日)は朝日コンクール埼玉県合唱コンクール一般の部が開催され、私はコンクールへ参加するため聴きに行けず。

関東甲信越ブロックコンクール高等学校の部
 日時:9/4(日) 14:30開場/15:00開演/19:00終演
 会場:大宮ソニックシティ大ホール[2,505席]
 ▶詳細はこちら

なお、8/5(金)開催の中学校の部[本選]の審査員は下記の通り(敬称略)
 清水昭(指揮者)/武田雅博(指揮者)/古橋富士雄(指揮者)
 松浦ゆかり(指揮者)/埼玉県音楽教育連盟

清水昭先生、大変お忙しい日々を過ごされている。
その日の夜間帯は、甍会の合同練習が控えている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

NHKコンクール課題曲:時は流れても [NHKコンクール]

NHK全国学校音楽コンクールについて最新情報などを知りたい時には、私は下記ブログを訪問することにしている。
 ▶Nコン♪ブログ〜NHK全国学校音楽コンクール合唱ファンブログ〜
先日久しぶりにお邪魔したら、「時は流れても」の演奏動画が掲載されていて、嬉しい気持ちと懐かし気持ちが交錯し、魅入ってしまった。

 時は流れても 詩:山上路夫 曲:池辺晋一郎
 第46回[昭和54年度]課題曲(中学校の部) 
中学校2年生の時、当時の音楽教諭が即席混声合唱団を結成し、私は卓球部に所属していたが、男声パートに選抜されテノールを歌った。
NHKコンクール埼玉県大会へ出場したが、結果は入賞せず、優良賞だったであろうか。
軽快で明るいピアノ伴奏に魅せられて、密かに音楽室のピアノで練習した懐かしい思い出も蘇ってきた。
途中までのピアノ伴奏は、今でも弾くことができるかな?

 ▶栃木県宇都宮市立常東中学校[昭和54年度]の演奏はこちら
  民主党の前・幹事長:枝野幸男氏が、テノールとして出演している。
  演奏終了後、9分過ぎ辺りで司会者:立川澄夫氏からインタビューを受けている。
  真摯でそつが無い、優等生的なコメント。流石!
  黒縁眼鏡をかけた、とても実直な中学生だ。
  生徒会長であったようだ。
 ▶青森県八戸市立根城中学校[昭和62年度]の演奏はこちら
  昭和54年度に引き続いて、昭和62年度の課題曲にもなったようだ。

余談であるが、実は私は小学校時代は[児童会長]、中学校時代は[生徒会長]を務めた。
どちらも自分の積極的な意思ではなく、先生方からの推薦であったことを記憶している。
何事に対してても、常に従順な性格だったからであろうなあ。
タスキを肩にかけ、推薦者数名と共に各クラスを訪問し「生徒会長になった暁には.....!」とほざいていた。
教室で頭を下げ、廊下でも頭を下げ.....(周囲に上手く踊らされていた感覚)
立会演説会では全校生徒の前で自分の意気込みを喋り、他の候補者と競い合い、全校生徒による選挙で選出された。
あの頃の度胸と前向きな姿勢は、今は何処へ消えてしまったのであろうか。
あ〜、表題の趣旨から脱線してしまい、自己紹介となってしまったようだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - NHKコンクール ブログトップ