So-net無料ブログ作成
検索選択
川越牧声会 ブログトップ

川越牧声会第25回演奏会 [川越牧声会]

5/24(日)、混声合唱団川越牧声会第25回演奏会を聴きに伺った。
会場は、川越市民会館大ホール。
指揮:國弘雅也  ピアノ;角田智子

  0905chirashi.gif
第1ステージ
 ♫ 混声合唱とピアノのための「初心のうた」 作詩:木島始 作曲:信長貴富
  曲の難易度があまり高くないこと、親しみやすいメロディが多いこと、歌い込みされて
  いる感もあり、安心して鑑賞できた。

第2ステージ
 ♫ 「マリア賛歌」「ポピュラー」
  「Ave Maria」 作曲:J. Arcadelt
  「Bogoroditse Devo」 作曲:S. Rachmaninov
  「Ave Maria」 作曲:J.Busto
  実に上手な選曲だ。
  古典から近現代までの名曲を、コンパクトに揃えている。
  Rachmaninovの曲は、実に耽美な曲である。
  和声の崩壊はないが、3曲ともやや淡白な演奏、同じ色で奏でられていて、もう少し音
  楽の流れと音色の変化が欲しかった。

  「Jupiter」 編曲:松下耕
  「さくら(独唱)」 編曲:松下耕
  「世界に一つだけの花」 編曲:信長貴富
  こういったホッと安心できる選曲は、やはり必要だなあと感じた。
  昨年のポパイ演奏会の選曲はマニア向けで、合唱愛好者やクラシック音楽愛好者でない
  観客にとっては、厳しかったであろう。

第3ステージ
 ♫ 混声合唱のための「ラプソディー・イン・チカマツ」[近松門左衛門狂想]
   詩:近松門左衛門 作曲:千原英喜
  歌いたい一心で今年1月末に練習見学するも、諸事情により参加を断念してしまった。
  自分の歌唱レベルではこの曲を歌えない!と認識し、やはり難易度が高い楽曲であると
  実感。
  しかし、この曲の生演奏を観客として鑑賞できて、とても満足している。
  和声の崩壊もなく、曲が持つ独特の音楽観を表現していて、正統派の演奏であったと評
  価できる。
  間の取り方、場面転換のメリハリ、パートバランス、鳴り物(拍子木・チャンチキ・和
  太鼓)の音量バランス及び叩き方などOK。
  今後、朝日コンクールで選曲する上では、掛け声、囃子詞、振り、絶叫をもっと大胆に
  大きく、そして何よりも【艶歌の泣き】が表現できたら、更に上質となるであろう。
  団員の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 アンコールは「手紙〜拝啓 十五の君へ~」
 心の中で一緒に歌わせていただいた。

 終演後はすぐに会場を後にして、急いでポパイ練習へ駆け付けた。
 ●川越牧声会練習見学090117
 ●チカマツが私を呼んでいる 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

川越牧声会練習見学090117 [川越牧声会]

18:30-20:45 やまぶき会館(川越市民文化会館)リハサール室にて

18:30-19:00 体操・発声
19:00-19:30 「Ave Maria」(曲:J. ARCADELT)
         「Ave Maria」(Bogoroditse Devo)(曲:S. RACHMANINOFF)
19:30-20:30 混声合唱のための『ラプソディー・イン・チカマツ』[近松門左衛門狂想]
        (曲:千原英喜)
20:30-20:45 「さくら(独唱)」(曲:森山直太郎)

混声合唱団川越牧声会の練習を、見学させていただいた。
 ●チカマツが私を呼んでいる
 ▼川越牧声会HPはこちら 

 ▼目的(願い)は、
  1)「チカマツ」の生演奏を聴くこと
  2)出来たら「チカマツ」を一緒に歌わせていただくこと
  3)5月末の定期演奏会に出演させていただくこと
1)と2)が叶い、大満足!!
期待の「チカマツ」は、いきなり全曲通しで驚く。
これまで参考音源を何十回も聴くも、音が不安定で完全に取れていない箇所(特にTenorのDivの早いパッセージ)も多々あったが、ただただ嬉しくて嬉しくて、歌うことに集中する。
やはり想像していた通り、体力と気力、そして何よりも技術力を要する、難易度が非常に高い楽曲であることを、実際に歌ってみて実感する。
練習終了後、「チカマツ」を歌えた歓び、良くハモル4声の中に自分が少しだけ同化できた心地良さによる大いなる満足感と併せて、何故だか急にとてつもない疲労感が体を襲い、ふと、
 「あっ、駄目だこのままでは.....」
 「月2回とは言え、埼玉県 → 東京(トンペイ練習) → 埼玉県川越市 と通うのは体と気持ち
  が持たない。」
と感じてしまった。
 「大好きな合唱に、体を潰される!?なんて、絶対にそうなってはいけない!」
という危機感も募った。
無理もない.....
今回は午前:トンペイ練習(10:00-12:30/東京都内)、夜間:川越牧声会練習といったダブルヘッダー練習、相当な集中力を注いだ【チカマツ】1時間練習。
日曜日は、一番大切にしているポパイ練習がある。
何よりも私は、ポパイでの合唱活動が最優先だから。

昨年は【最多の19ステージ数】をこなしたものの、団長@ポパイ(単独演奏会/大岩先生還暦記念演奏会等)、事務局@YARO会(ジョイント演奏会)での仕切り役、管理監督役といった責任感と使命感だけで何とか切り抜けたが、途中体力消耗に伴う体調不良に陥るなど、やはり無理がたたった。
無理は、絶対に禁物!、体が大事!
やはり今年は、おとなしくしていこう。
お誘いと気遣いをいただいたMさんには、大変申し訳ない気持ちで一杯である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
川越牧声会 ブログトップ