So-net無料ブログ作成

春日部市合唱連盟創立30周年記念演奏会 [男声あんさんぶる「ポパイ」]

2/8(日)、春日部市合唱連盟創立30周年記念演奏会に出演した。
会場は春日部市民文化会館大ホ-ル[1,500席]

−当日のスケジュール−
 9:00/集合
 9:00−9:30/男声合唱リハーサル1(リハーサル室)
 9:35−10:00/男声合唱リハーサル2(ステージ)
 10:00−10:30/混声合唱リハーサル1(リハーサル室)
 11:05−11:30/混声合唱リハーサル2(ステージ) 
 11:30−11:50/「かすかべ讃歌」−むらさきに−リハーサル(ステージ)
 13:00/開場
 13:30/式典
 14:00/開演
 16:30/終演
 17:00−18:30/祝賀会

▼ポパイ参加者:Top3/Sec3/Bari4/Bass4 計14名
▼演奏曲目
「かすかべ讃歌」−むらさきに−[初演] 
  詩:Chikacchi 曲:大岩篤郎 編:早乙女誠

[女声合同合唱] 指揮:早乙女弘枝 ピアノ:品川尚子
 花 
  詩:武島羽衣 曲:滝廉太郎 編:源田俊一郎
 ふるさとは今もかわらず
  詩:曲:新沼謙治 編:遠藤謙二郎

[男声合同合唱] 指揮:福井克明
 男声合唱組曲《月光とピエロ》から「秋のピエロ」 
  詩:堀口大學 曲:清水脩

[各団指導者(8名)によるソロ演奏]
 歌唱/ピアノ/フルート

[学生&ジュニア合同合唱] 指揮:三沢豊 ピアノ:飯塚愛/関根聖羅
 チャンスは必ずある
  詩:みなづきみのり 曲:瑞慶覧尚子
 ほらね、
  詩:いとうけいし 曲:松下耕

[混声合同合唱] 指揮:大岩篤郎 ピアノ:関根操子
 故郷  
  詩:高野辰之 曲:岡野貞一 編:平吉毅州
 混声合唱とオーケストラのためのカンタータ《土の歌》から「大地讃頌」
  詩:大木惇夫 曲:佐藤眞

 kasukabe30400.jpg
 [大島誠一郎氏撮影]

春日部市民文化会館の杮落しとして、昭和58年5月に第1回市民合唱祭が開催。
翌年の昭和59年8月、大岩篤郎先生を理事長とした春日部市合唱連盟が発足。
発足当初は、加盟団体数16団体、会員数200余名だったとのこと。
現在まで大岩先生が理事長を務められ、26団体、500名までに発展した。
毎年、市民合唱祭、発声(合唱)講習会、コーラス・フェスティバルの3イベントを開催。
今回製作された「創立30周年記念誌」に30年の歴史が掲載されている。
30年の月日を経ても団体活動が維持継続、発展されていることは本当に素晴らしい。

今回、全26団体による合同演奏にて、「かすかべ讃歌」−むらさきに−が披露された。
春日部市の花である《藤》をイメージした曲想で、作曲された大岩先生曰く、
 「歌詞は親しみのある内容に、曲も合唱で歌えるように平易なものにした。」
 「長く歌い継がれる歌になってほしい。」
と述べられている通り、親しみやすく、誰もが簡単に口ずさむことができる旋律が続く。

私が合唱活動を始めたのは、1999年[平成11年]7月の市民合唱祭(同大ホ-ル)で、ポパイの演奏を聴いたことに始まる。
即入団し、初舞台は1999年10月の(コーラス・フェスティバルの前身)市民音楽フェスティバル(同大ホ-ル)であった。
[15年間]の合唱活動において、春日部市合唱連盟と春日部市民文化会館大ホ-ルには大変お世話になっている。
今後も、40周年、50周年等の節目の年に立ち会えたらなあと願っている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0