So-net無料ブログ作成
検索選択

「清水雅彦テノールリサイタル うたの世界その5」〜歌曲と合唱で愛される歌たち〜 [Concert]

1/7(土)、「清水雅彦テノールリサイタル うたの世界その5」〜歌曲と合唱で愛される歌たち〜を鑑賞した。
会場は浜離宮朝日ホール音楽ホール[552席]。
今年初鑑賞の演奏会。
安積黎明高等学校&安積フィメールコール東京ジョイントコンサートのチケット入手を試みるも、高人気により入手できず。
 ●安積黎明高等学校&安積フィメールコール東京ジョイントコンサート チケット購入できず
清水氏が千原英喜歌曲集を選曲することに以前から関心を寄せていたこともあり、演奏会へ伺った次第だ。
本来は昨年3/21に開催予定であったが、東日本大震災の影響で延期し、今回の開催となったとのこと。
聴きに行って本当に良かったと思える演奏会で、私にとって久しぶりに心が満足した内容であったことは間違いない。

▼清水雅彦氏の経歴はこちら
1)美声と巧みな表現力、立ち姿に魅了
・合唱の友人から「清水氏の美声を聴いた方が良い!」と前宣伝をいただいていたが、実に美声である。
 テノールの声質の分類は詳しくないが、オペラ歌手のようなドラマチックな声ではなく、リリックな声。
 声の線はやや細いが、優美な感じで柔らかく、かつ軽やかな歌唱が印象的。
 叙情的な歌曲には適しているであろう。
 ご自身の性格や人柄から滲み出る声なのかもしれない。
・抑揚、強弱、適度な間を駆使した巧みな歌唱力は見事。
 更に、体全体の力みが抜けた歌唱にも驚いた。
・両踵をきちんと合わせ、まっすぐと立つ姿が清々しく、誠実な人柄が如実に伝わる姿勢だ。

2)日本語歌詞が明瞭
・全曲が日本語歌詞だが、パンフレット掲載の歌詞を見ずとも全て聞き取れた。
 母音と子音が明確である。
 日本語歌詞が聞き取れない日本人歌手や合唱団が多い中、歌詞が明瞭なのはほっとする。

3)計23曲全曲「譜面なし=暗譜」で歌う

4)中田喜直作品と高田三郎作品の質の高さ
・作品の質の高さが際立ち、温かみと優しさ、素直さ、叙情性と品格を兼ねた作品。
 初めて鑑賞したが、優れた日本歌曲の存在を今回知った次第。
 即気に入ってしまった。
・「啄木短歌集」の「やわらかに」「不来方の」では、不覚にも涙が出そうになった感傷的な自分がいた。

5)優れた選曲構成
・いずれの作品も上質な内容で、最後まで曲の世界に集中できた。
・アンコール曲は「GREETINGS」(詩:清水雅彦)
 清水氏のリサイタルプログラムに毎回挨拶文として掲載していた詩に、今回の演奏会のために千原英喜先生が付曲したとのことだ。
  
  うたに うまれ うたに はぐくまれている
  うたを あいし うたに なぐさめられている
  うたを うたい うたに あこがれている
  うたのせかい きょうも うたっている
 〜中略〜
  ゆめ きぼう みらいを こめて
  わたしはきょうも うたっている

「清水雅彦テノールリサイタル うたの世界その5」〜歌曲と合唱で愛される歌たち〜
テノール:清水雅彦 ピアノ:鈴木真理子
曲目
 Ⅰ 童謡歌曲集「ほしとたんぽぽ」より 詩:金子みすゞ 曲:中田喜直
   つゆ/みんなをすきに/わたしと ことりと すずと/さびしいとき
   たいりょう/ほしとたんぽぽ
 Ⅱ「啄木短歌集」より 曲:高田三郎
   やわらかに/頬につとう/いのちなき/病のごと/不来方の/
   ふるさとを/はずれまで/あめつちに
 Ⅲ 生きる理由 詩:新川和江 曲:信長貴富 [歌曲版委嘱初演]
 Ⅳ 歌曲集「ある真夜中に」 詩:瀬戸内寂聴 曲:千原英喜
   愛から悩みが生まれ/この星に生まれて/寂庵の祈り/ある真夜中に
  「良寛の二つの歌」より 詩:良寛 曲:千原英喜
   君や忘る道
   雨ニモマケズ 詩:宮沢賢治 曲:千原英喜
 Ⅴ 雪の子守唄 詩:みなづきみのり 曲:北川昇 [歌曲版委嘱初演]
 アンコール GREETINGS 詩:清水雅彦 曲:千原英喜 [初演]
▼演奏会の詳細はこちら[ちらし掲載]

開演前、客席に座っていた私に、千原英喜先生から声を掛けていただいたのには大変驚く。
開口一番、
 「●●さんのブログで、なにコラの「東海道四谷怪談」の演奏動画を知りましたよ!」
とのこと..... 恐縮です。
 ●なにわコラリアーズによる「東海道四谷怪談」演奏動画
奥様の睦子氏も来場され、休憩時間にロビーのドリンクコーナーにて暫しご一緒した。
 ●千原睦子&清水雅彦 ジョイントコンサート〜古(いにしえ)からみらいへ。千原英喜を歌う〜のご案内
更に、同行していた作曲家の北川昇氏を紹介され、名刺交換をさせていただいた。

他に来場された合唱界の有名人では、作曲家の信長貴富氏と相澤直人氏、合唱指揮者の清水昭氏と清水敬一氏。
「お〜、清水3兄弟が揃った!」(勿論、親族関係はなし)
 ▼とりお・ざ・しみずの「うた・ざんまい」はこちら
清水昭氏と清水敬一氏には、終演後ロビーにてご挨拶した。

余談だが、私が目指している声はリリックテノールで、五郎部俊朗氏が目標だ!
うっ..... とうとう口外してしまった。
 ●「朝はどこから」考
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0