So-net無料ブログ作成
検索選択

第50回甍演奏会[ステージ編] [甍会]

総集客数は2,231名(定員2,303席)で、満席の集客!
一般1921名(当日券59名含む)、招待310名とのことだ。
これまで何度も東京文化会館大ホールを訪れているが、満席の情景を初めて目にした。

パンフレットは3部構成で、総ページ数68Pの超大作。
紛れもなくプロの仕事と感じた。
合唱好きな自分にとって、「数字で見る甍演奏会」(P38)のデータが実に興味深い。
レパートリー(作品別演奏回数・作曲家別演奏曲数)、指揮者、共演ピアニスト、会場。
千原英喜氏によるメッセージも掲載されている。

▼第1ステージ 合同演奏[130名強]
 三善晃【木島始の詩による男声合唱3部作】 詩:木島始 曲:三善晃
  ●二群の男声合唱とピアノのための《路標のうた》[1986]
  ●男声合唱のための組曲《だれもの探検》[1993]
   つぶやきかわすうた/かたどりうた/まっさかさまなまさかのうた/発見のうた/手近からのうた
  ●男声合唱とピアノ(四手)のための《遊星ひとつ》[1992]
  「甍」創立30周年記念委嘱作品
   INITIAL CALL/だれの?/見えない緑のうた/バトンタッチのうた
  指揮:清水敬一 
  ピアノ:小田裕之《路標のうた》《遊星ひとつ》/前田勝則《遊星ひとつ》
 《路標のうた》
  ・歌いたかった楽曲故、歌えて幸せであった。
   〈 人がみな 見えない鎖でつながれるのなら 
     新しい友よ 誰よりもきみとがいい この夢 〉
   〈 曲がりくねる回り道で とまどい分かち合いながら
     とほうもない出逢いを待つ 宇宙すべて通り道..... 〉
 《だれもの探検》
  ・歌い込み不足で、消極的に歌ってしまった。
  ・本当に難しい曲..... 
   密集した音構成の中での転調、臨時記号、表現しにくい和声等。
 《遊星ひとつ》
  ・自分にとって今回で3回目となる《遊星ひとつ》
   回を重ねて、更に曲の魅力が理解できた気がする。
  ・小田氏と前田氏による四手のピアノ、エネルギッシュであった。
  ・大好きな三善作品3部作を指揮した清水氏、幸福に満ち満足された表情が印象的。
  INITIAL CALL
   〈 友だちおるかい 助けがくるかい 
     遊星はひとつ 代わりがいるかい 見透しあるかい 〉

▼第2ステージ 歌い継ぐうた−出演4団体の単独演奏によるステージ−
 司会:軽部真一(フジテレビ・アナウンサー/OB)
 ・軽部氏のMCは、流石にプロの仕事である!
  TVで拝見するよりも、実物は小柄で痩せている方で意外であった。

 ●コールフリューゲルシニアOB会三月会[49名]
  男声合唱とピアノのための組曲《ある真夜中に》?〈この星に生まれて〉[2007]
  詩:瀬戸内寂聴 曲:千原英喜
  指揮:岡山尚幹 ピアノ:畑真理
 ・平均年齢72歳、いぶし銀の深い声と表現で、楽曲が持つ魅力を引き出せた演奏。

 ●早稲田大学高等学院グリークラブ[32名]
  月光の聖者達−ミスター・ムーンライト[2011] 詩・曲:桑田佳祐 編:清水昭
  指揮:清水敬一 ピアノ:清水昭
 ・初めて聴いた曲、[桑田節]満載の感傷的なメロディが心に響いた。
  合唱音楽、クラシック音楽ばかり聴いていて、最近のJ-POPへのアンテナ感度が低かった。

 ●早稲田大学コール・フリューゲル[46名]
  男声合唱のための《芝生》(GRASS)[1981] 
  詩:谷川俊太郎 英訳:W.S.Merwin 曲:武満徹
  指揮:南方隼紀(学生指揮者)
 ・何と難しい楽曲であろうか! 
  若さって凄いなあと、素直に感心してしまった。
 ・宇宙的空間をイメージするような和声が随所に盛り込まれている。

 ●いらか会合唱団[66名]
  《詩編第23》D.706(Psalm 23)[1820/1826] 曲:Franz Schubert
  指揮:清水昭 ピアノ:尾畑瑞香
 ・ステージの高揚感、甘美で繊細な曲調に任せて、リラックスして音を楽しんで歌えた。
 ・清水敬一氏の隣りで歌わせていただいたが、得難い体験である。
 
▼第3ステージ 合同演奏[150名強]
  男声合唱とピアノのための《花に寄せて》[1985/1990] 
  詩:星野富弘 曲:新実徳英
  指揮:清水昭 ピアノ:尾畑瑞香
 ・ステージ全体に優しく柔らかな雰囲気が漂っていた。
 ・弱音の響き、フレーズの間合い、抑揚が良い感じであったと思う。

▼アンコール 
 1)あなたはどこに[男声版初演][2011] 詩:和合亮一 曲:新実徳英
 2)早稲田大学校歌[明治43年] 詩:相馬御風 曲:東儀鉄笛 編:山田耕筰

完全燃焼したステージであった。
7月から練習に参加したが、気持ちを高揚させ、集中力を高めて練習に参加した1か月間。
12年間の合唱活動において、今日までの出逢いと繋がりで、50年の甍会の歴史に昨年から参加させていただいたが、充実した時間を過ごすことができて大変嬉しく思う。
来年の演奏会にも出演したい気持ちが沸き上がった。
次の新しい歴史が動き出している。

 第51回甍演奏会 
 日時:2012年8月5日(日)
 会場:杉並公会堂大ホール
 曲目:新実徳英/委嘱新曲 その他未定

甍会HP
甍会Twitter

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

N@いらか

 甍演奏会、お疲れ様でした!何はともあれ、大きな
トラブルもなく、満員のお客さんを前にして歌えて、節目の
演奏会として成功だったと思います。

 個人的な感想としては、私の場合、演奏会ではよく感じる
ことなのですが、今回の演奏会も、当日は始まったと思ったら
もう終わりか、という感じで、久しぶりに東京文化会館で歌うのを
もう少し楽しみたかったです。

 Sさんは、次はポパイの演奏会でしょうか?色々お忙しいと
思いますが、いらかも11月の男声合唱フェスティバルや来年
2月の定期演奏会などありますし、今後ともよろしくお願いします!


ではでは



by N@いらか (2011-08-15 02:20) 

malechoirpopeye

満席の東京文化会館大ホールで歌えて、本当に幸せでした。
決して忘れられない演奏会となりました。
色々とお世話になりました。
正直な所、少し休憩したいのですが、次のステージが朝日コンクール(9/4) 気が抜けません(笑)
11/13の東京男フェスは、地元で合唱イベント(ポパイ)があり、出演時簡によっては東京男フェス不参加となる可能性があるのが心配です。
by malechoirpopeye (2011-08-15 21:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。