So-net無料ブログ作成
検索選択

第8回東京男声合唱フェスティバル [Concert]

11/23(日・祝)、浜離宮朝日ホールにて開催された第8回東京男声合唱フェスティバルへ参加した。
通称《男フェス》と呼ばれるこのイベントへの参加は、私は今回で5回目となる。
 ▼男声合唱団音空/13番目(12:55-13:02) 人気投票第16位[投票数:2票] 
  1)男声合唱組曲「草野心平の詩から」から「Ⅳ. 雨」
    作詩:草野心平 作曲:多田武彦
  2)男声合唱のための「どちりなきりしたん」から「Ⅳ」 作曲:千原英喜
 ▼トンペイ・メモリアルズ8/47番目(17:54-18:01) 人気投票第1位[投票数:8票]
  1)Sangerhilsen(歌い手のあいさつ) 作曲:Edvard Grieg         
  2)男声合唱組曲「三崎のうた」から「Ⅳ. 雨中小景」
    作詩:北原白秋 作曲:多田武彦

▼男声合唱団音空
 窪田 卓氏が朝日コンクール全国大会で岡山から帰省できず、団内指揮者のM氏が指揮した。
 東京都大会で悔しい残念な結果[総合第22位]に終わっただけに、リベンジの気持ちを持って集中して演奏した。
 Bass:Kさんが急遽仕事により出演できなかったのは、非常に残念!(Bassは結局3名)

 録音を確認したが、非常に上出来な演奏。
 各パートの音程とバランス、フレーズの受け渡し、緩急と強弱のメリハリ等安定している。
 「雨」の冒頭では、ドライブ感ある演奏でたたみかけて降る雨の情景が表現されていてハッとした。
 「どちりなきりしたん」では、神に対する愛しさや純粋な祈りの気持ちを楽曲に込めて歌えた感があった。
 今回3連式ベルは3つ全部を使用し、最後2小節に急遽ベルを奏でた(出版された男声版では指示あり)
 全部の音をしっかりと鳴らすことには成功したが、硬い音と柔らかい音が混在してたので、欲を言えばもっと手首の返しを使って、均等に柔らかい音を表現できれば良かったなあと反省。 
 今後、このベルを使用する機会はあるであろうか.....
 演奏後、更衣室で着替えをしていると、作曲者の千原英喜先生がわざわざお見えになり、
 『お疲れさまでした! 
  公募合唱団の練習が終わり昼食をとっていたのですが、控室のモニターで聴かせていただきました。』
 『今日は、どなたが指揮されたんですか?』
 『大将(窪田氏)はどうしたんですか? 岡山から戻れなかったのかな?』
 作曲家自らが更衣室に駆け付けていただくなんて、実に嬉しいことである。
 千原先生から、前回お会いした際の飲み会で話題に出た、先生の作品集CDを頂戴した。
  「音楽の翼」 〈釈迦三部作〉他
 私にとって今年は【千原年】であるが、今回で一旦区切りが付いた。
 DSC006603.JPG
 [更衣室にて記念撮影] 

▼トンペイ・メモリアルズ8  指揮:須田信男氏
 思いがけず、人気投票第1位をいただいた。
 「えっ! 本当ですか?」と言うのが率直な感想。
 勿論嬉しかったが、前々回(2006年)の人気投票第1位をいただいた時のような興奮は、何故か今回はなかった。
 8回の男フェス史上で人気投票第1位獲得した団体は、ENSEMBLE PLEIADEさんとトンペイの2団体のみ。
 しかしながら、8票獲得で第1位という数字は一番少ないと思われる。
 確か14票が過去最多獲得数か?
 今年は票がばらけた模様で、第1位から第3位までが1票差という結果は、過去にはほとんど見られなかった。 
 それだけレベルが均衡していることと、絶対的で圧倒的な演奏が少なかったということか。

 録音を確認したが、一言で言えば
 −大人の声による大人の表現で、深い叙情感と《泣き》の要素が満載の演奏−
 一言では収まっていないだろ?が.....
 基本的な和声が、しっかりとバランス良くはもっている。
 ドミソの基本的な和声は大切であり、これがしっかりと構築されていれば、聴衆の耳には心地良いサウンドとして届く。
 個人個人の声があまり飛び抜けていなくて、各パート内で声が溶けている。
 トンペイのトップ初デビューの私であるが、邪魔をしていなくホッとした次第(Soliでやや浮いていた箇所があったが)
 演奏時間が6分56秒(制限時間:7分)で、かなり際どいギリギリの演奏。
 【歌詞の朗読mp3】
  ▼北原白秋 朗読 雨中小景 
 雨中小景の詩には美しい日本語が多数表現され、情景描写が自然と想像できる。
 実に心に沁み入る格調高い詩で、そうした格調高い詩に真摯に寄り添って作曲されたメロディが素晴らしく(泣きそうになる私)、隠れた名曲である!とはっきり言える。
 来年の招待演奏を、存分に楽しみたい。
 東京都合唱連盟事務局の大山さん(毎年の名物司会者)から、再度招待演奏コールをいただけると思うととても嬉しい。
 招待演奏では、どのような選曲をするのであろうか、実に楽しみである。
 トンペイ=多田作品 といった印象が強いかもしれないが、実はシベリウス、パルムグレン、Vilhelm Svedbom、今回のグリーグ等北欧作品、コダーイ、アニメ主題歌、極めつけは歌舞伎の『勧進帳』まで歌う等レパートリーは幅広い団体である。
 その前に、6/27(土)3大学OB合唱団ジョイントコンサート(チャイコフスキー歌曲集)が控えている。
 ●トンペイ・メモリアルズ紹介

今年の参加団体数は57団体で、昨年比(昨年61団体)ではやや減った。
恒例の人気投票結果は、下記の通り(投票総数91票)
 ▼第1位:47番/トンペイ・メモリアルズ8/8票
 ▼第2位:41番/上野男声合唱団/7票
 ▼第3位:28番/杉並学院高等学校合唱部(男声)/6票 ※予想通り3位以内に評価
 ■人気投票結果はこちら 

今年の男フェスの特徴は、多田武彦作品を選曲する団体(16団体)がとても多かった。
しかも若者の団体が多く選曲していることは、多田作品ファンとしては喜ばしいこと。
委嘱新曲(秀声会/『北国・第二』)もあり、益々精力的にご活躍中の多田先生。
前々回同様にトンペイの録音を聴いていただいて、ご指南を仰ごうかなあ?
 ●多田先生の活躍
 ●多田先生の感想
 ●多田先生からの評価

印象に残った団体は、下記の通りである。
 ▼上野男声合唱団  指揮:田尻明規氏
 【木遣り(きやり)】を題材にした間宮芳生氏の『合唱のためのコンポジションⅠ』から第1楽章を選曲。
 TenorのSoloの出来不出来が演奏の成功に大きく関わる難曲で、TenorのSoloと掛け声はプロ級の出来。
 TenorとBass(Baritone)のSolo掛け合いが見事。
 歳月を重ねないと、今回のような熟練した演奏はまず表現不可能である。
 浅草上野生まれの生粋のメンバーであろう。
 半纏や股引姿、わらじ等の本格的な衣装、提灯や小型の纏等の小道具も相乗効果を発し、もしかすると第1位かなあと予想した。
 田尻先生、おめでとうございます!

 ▼ENSEMBLE PLEIADE  指揮:松下耕氏
  上級で知的な演奏に感心!、「石家荘にて」は鳥肌が立った。
 「さくら散る」ではTopTenorの上擦り箇所が気になったが、半音階進行で音が怪しくなっていく演奏団体が多い中、ほとんど和声の崩れはなく、非常に緻密な演奏。
 「さくら散る」を演奏することは、実に難しい。
 と言いながら、ポパイ第5回演奏会で選曲したい多田作品である。
 第4回演奏会が来週に控えているのに、気が早過ぎ!
  ■松下耕氏のブログ  −この連休− 

 ▼イェーノーリャ・ラウラヤット
 「AVE MARIA」はよくハモっていて、各個人の音感や和声感の良さを痛感した。
 昨年の東京都大会及び今年のTVECでは、音空よりも上位入賞であったことが解る。

早朝から深夜まで動き回り、満足感より疲労感が勝り、非常に疲れた一日であった。
 ■8:00/自宅出発
 ■9:30−11:15/音空練習−移動(都内→築地市場)
 ■12:55?13:02/音空本番−移動(築地市場→人形町)
 ■14:45?15:30/トンペイ練習−移動(人形町→築地市場)
 ■17:54?18:01/トンペイ本番      
 ■20:30?23:00/打上げ(会場近くのインド料理店)
 ■24:30/自宅到着

nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(15) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 5

タカユキ

男フェスお疲れ様でした。そして、トンペイでの第1位おめでとうございます!
自分は午前中の出番でしたが、公募合唱に参加するために残っていたので、同様に公募合唱に参加するフリーダムのメンバーでずっと聴いていて、人気投票は「トンペイ」と「杉並学院」に投票しました。
3人居たのですが、もう1人の意見は「上野男声」だったので、なるべくしてなったベスト3だったのではないかと思います。

杉並学院男声はここ2年くらいで急激に実力がついてきて、男フェスでもコンクールの曲をホントにしっかりと歌われていました。

トンペイさんは、各人の音色とか声質とかがしっかりしてて、聴いてて溜め息がでてしまうほどいい演奏でした。
うちのメンバーが「今年の多田作品では1番だ」と言ってましたし、自分もトンペイの演奏聴いてて、(この安定感と安心感は素晴らしい!)と感じました。

公募合唱は楽しかったです!自分らは事前練習に出席出来なかったのですが、千原先生は優しくて温かくて素晴らしい人だなって実感しました。
by タカユキ (2008-11-25 23:20) 

影オヤジ

男フェスでの2ステージお疲れ様でした。
トンペイでの人気投票一位おめでとうございます。
私は、朝一番から聴きに行ったのですが、都合で音空もトンペイも聴くことができずに残念でした。しかも、2位、3位の上野男声、杉並も聴けなかったです・・・汗・・・
私が聴いた中で一番良かったのは、フリーダムの演奏でした。曲の雰囲気的には、あまりインパクトはなかったのですが、その曲想の中でも全体のバランス、音楽的な作り方はさすがというか、とても良かったと思います。
広友会の方は、昨年の1票から4倍増の投票を頂いたのですが、ちょっとホールの特性を生かしきれなかった感じで、広友会のハーモニーを表現しきれなかったような感じです。
by 影オヤジ (2008-11-26 23:32) 

malechoirpopeye

タカユキさん
男フェス、お疲れさまでした。
トンペイに投票いただいて、本当にありがとうございました。
また多分なる高評価をいただき嬉しいです。
今回の男フェスは、ほぼ完璧?だったベル(笑)と千原作品を歌えた幸せで満足しました。
公募合唱は無理して出演していればよかったかなあと少し後悔しています。
フリーダムさんの演奏は、丁度移動時間のため拝聴することができず残念。
午前中の本番の場合、早朝起床で歌う体にしておかないと声は出ませんよね。
私は本番13:00でしたが、やはり声は今一つの状態。
更に早い出演時間での人気投票は票が入りにくい、そもそも観客が少ないという現実ですね。
今後も合唱人生を楽しみましょう!
by malechoirpopeye (2008-11-27 20:22) 

malechoirpopeye

影オヤジさん
男フェス、お疲れさまでした。
着替えに時間がかかってしまい広友会の演奏を聴くつもりで駆け付けたのですが、寸前の所でドアが閉まってしまい、受付のモニターで聴かせていただきました。
モニター音は少量で演奏はきちんと聴けない状況でしたが、暗譜、振付け、合唱を楽しむ表情が印象的でした。
Sea Shantyは理屈抜きに歌っていても、聴いていても楽しい楽曲。
ポパイのお得意レパです。
Swansea Townはお薦めです!
OB合同演奏会を聴きに伺いますね。
by malechoirpopeye (2008-11-27 20:30) 

タカユキ

影オヤジ様。フリーダムにお褒めの言葉ありがとうございます!本当に嬉しいです☆
出演は午前中でしたが、それを言い訳にしないように9時~近場で練習して、フリーダムとしても個人としてもいい演奏が出来たと思っております。

そーいえば、閉会式が終わってロビーに出たところで歌い人さんが目の前に居ましたが、女性の方とお話されていたので声掛けませんでした…。
by タカユキ (2008-11-29 01:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。