So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

SAITAMAコーラスワークショップ2017に参加 [埼玉県合唱連盟]

6/3(土)、SAITAMAコーラスワークショップ2017に参加した。
会場は埼玉会館小ホール。
コーラスワークショップは数年前から埼玉県合唱祭と同時開催され、講習後の成果発表を合唱祭のステージ上で披露するという点が特色である。
 ▼SAITAMAコーラスワークショップ2017の詳細内容はこちら
 講座A:NHKコンクール課題曲/願いごとの持ち腐れ(女声三部合唱)
 講座B:混声合唱組曲「燕の歌」(混声四部合唱)
 講座C:NHKコンクール課題曲/願いごとの持ち腐れ(混声三部合唱)
 講座D:くちびるに歌を(男声四部合唱)
 講座E:全日本合唱コンクール課題曲F3/再会(女声三部合唱)
 講座F:ジュニア講座
     星に願いを/スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス

私が参加した講習は、講座B。
 講習曲:混声合唱組曲「燕の歌」よりIV. 唄/V. 燕の歌
     詩:立原道造 曲:山下祐加
 指揮:岸信介氏(全日本合唱連盟理事長)
 ピアノ:由良郁子氏
 講習時間:16:30−18:00
 成果発表:18:20
 参加者:Sop40/Alt40/Ten9/Bass11 計100名位

岸先生からの指導は、私にとって今回で4回目である。
春日部市合唱講習会(春日部市合唱連盟主催)にて指導を受ける機会を得た。
 ●春日部市合唱講習会[受講年度を失念]
 ●春日部市合唱講習会〜心に響く 美しい歌を〜[2013年1月]
 ●平成25年度春日部市合唱講習会[2014年2月]

作曲家の山下祐加氏や「燕の歌」(舫の会委嘱作品/2016年8月初演)を存じ上げていなかったこともあり、当初は参加をためらっていた。
先月下旬に偶然にも「燕の歌」を聴くことができ、予想以上に【心を掴まれた楽曲】であったことから、急遽参加を決めた。

女声陣は浦和混声合唱団と浦和第一女子高校音楽部の皆さん、男声陣は浦和混声合唱団と埼玉大学合唱団の皆さんを中心としたメンバー構成となった。
岸先生の指導は、いつもながら巧みな話術と熟練された講義内容で流石である。
1時間半の講義は、あっという間に時が過ぎた。

IV. 唄/V. 燕の歌は、両曲共に歌いやすく、気持ちを楽にすっと乗せられる佳曲である。
情景と心情が容易に浮かぶ。
舫の会委嘱作品である「燕の歌」は、岸先生が詩人を指定して山下祐加氏に作曲を依頼したとのこと。
初演時の岸先生の発言が印象深い。
 〜「山下先生にだけ、立原道造の詩で書いてください。」とお願いした。
  多分、立原道造の詩であれば、そんなに難しい曲にはならないであろうと思った。
  とてもいい曲を書いていただいた。〜
私の偏見であるが、[昭和の香り]が漂い、懐かしい郷愁感に駆られる楽曲である。
今後、多くの混声合唱団に歌い継がれるのではないかと思われる。

成果発表は、テノールは9名の少人数ながら、自分としては7割程度暗譜していたこともあり、音と歌詞を間違うこともなく、浦和混声の方々と埼玉大学の方々に支えていただきながら、満足感に満ちたステージとなった。
楽曲の力も大きい!
機会があれば、是非とも岸先生の指揮で歌わせていただきたいと強く思った次第である。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

CD新譜:ハーモニーの祭典'15 第68回全日本合唱コンクール全国大会 大学・職場・一般部門VOL.2(同声合唱の部) [CD&DVD]

4月上旬に、ハーモニーの祭典'15 第68回全日本合唱コンクール全国大会 大学・職場・一般部門VOL.2(同声合唱の部)を購入した。
 ▼CDの紹介はこちら(ブレーン社HP内)
これまでCD購入は極力控えていたが、今回のCDは非常に購入意欲が強かった。
目的は、
 1)クール・ジョワイエが歌った「永訣の朝」
 2)HIKARI BRILLANTEが歌った「百年後」
を、〈なにがなんでも、どうしても〉聴きたい衝動に駆り立てられたからである。

「永訣の朝」は、同声(女声または男声)三部合唱とピアノのための組曲「永訣の朝」~1. 永訣の朝(詩:宮澤賢治 曲:西村朗)
2年前のコンクールにて早稲田大学コール・フリューゲルが選曲したこともあり、ずっと気になっていた楽曲ではあったが、3月にこの曲と関わる【ある出来事】があった。
それ以来、下記2団体の録音を毎日聴き入り、曲の魅力に心が奪われていったのである。
この楽曲を歌いたい!
 ▼早稲田大学コール・フリューゲルの演奏はこちら
  第70回東京都合唱コンクール[2015.10.4]
  指揮:清水昭
  ピアノ:小田裕之
 ▼クール・ジョワイエの演奏はこちら
  魚津市新川文化ホール[2015.9.27] 
  指揮:高橋寛樹
  ピアノ:森恵美子

「百年後」は、女声合唱とピアノのための「百年後」−タゴールの三つの詩−~3. 百年後(詩:Rabindranath Tagore 訳詩:森本達雄 曲:信長貴富)
大好きな楽曲で、初演団体である武庫川女子大学附属高等学校コーラス部の音源、埼玉県立大宮光陵高校合唱団のコンクール音源を、何度も繰り返し鑑賞している。
 ●埼玉県立大宮光陵高校合唱団
  第71回関東合唱コンクール/2016.9.18(日)/千葉県文化会館大ホール
  指揮:竹下由布子 ピアノ:縣佑基
《名作を超えた傑作》であると、実に勝手ながら確信している。
 ▼武庫川女子大学附属高等学校コーラス部の演奏はこちら
  第68回全日本合唱コンクール全国大会[2014.10.25]
  会場:岩手県民会館大ホール
  指揮:岡本尚子
  ピアノ:多田秀子

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ポパイ練習170604 [男声あんさんぶる「ポパイ」]

17:00−20:00 春日部市中央公民館大会議室
17:00−17:20 発声
17:20−20:00 アンサンブル練習
 男声合唱組曲「東京景物詩」
  2. カステラ 4. 初秋の夜 6. 夜ふる雪
  詩:北原白秋 曲:多田武彦
 男声合唱のための「どちりなきりしたん」〜Ⅱ 曲:千原英喜
  ▼男声合唱のための「どちりなきりしたん」全曲はこちら
  (演奏:どさんコラリアーズ)
 There Is a Balm in Gilead 編:William.L Dawson
 Soon-Ah Will Be Done 編:William L. Dawson
 
▼参加者:Top3/Sec2/Bari5/Bass4 計14名
指揮・指導は大岩篤郎氏。
第62回埼玉県合唱祭[2017年6月11日(日)]等に向けた練習。
来週6/11(日)、埼玉県合唱祭[第4日目・第3部]に15名で参加する。

●男声あんさんぶる「ポパイ」紹介
男声あんさんぶる「ポパイ」HP

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

いらか会練習170602 [甍会]

19:00−21:00 都内音楽スタジオ
19:00−21:00 アンサンブル練習
 男声合唱とピアノのための「時代~ニューミュージックと呼ばれた歌たち~」
  編:信長貴富
 無縁坂(グレープ)/瞳を閉じて(荒井由実)/サボテンの花(チューリップ)/
 生まれ来る子供たちのために(オフコース)/時代(中島みゆき)/ホームにて(中島みゆき)
 ▼楽譜はこちら
 ▼「ホームにて」の視聴はこちら(演奏:お江戸コラリアーず)

▼参加者:トップ5/セカンド6/バリトン8/ベース3 計22名位
指揮・指導は清水昭氏。
第56回甍演奏会[2017年8月6日(日)/杉並公会堂大ホール]に向けた練習。
「瞳を閉じて」「生まれ来る子供たちのために」「ホームにて」の3曲は、恥ずかしながら初めて聞いた。
細かな音割やリズムに苦戦するも、原曲及び編曲の素晴らしさが相乗して、どの曲もストレスなく楽しめて歌えた。
「ホームにて」は、じわーっと心に沁みてきた。
流石!【中島みゆき節】満載の曲である。

いらか会合唱団&男声合唱団 甍 HP
いらか会合唱団 Twitter

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ポパイ練習170528 [男声あんさんぶる「ポパイ」]

17:00−19:40 春日部市中央公民館大会議室
17:00−17:40 体操・発声
17:40−19:10 アンサンブル練習
 男声合唱組曲「東京景物詩」
  2. カステラ 4. 初秋の夜 6. 夜ふる雪
  詩:北原白秋 曲:多田武彦
19:10−19:40 平成29年度総会
 
▼参加者:Top1/Sec4/Bari5/Bass3 計13名
指揮・指導は団内指揮者の行木友一氏。
第62回埼玉県合唱祭[2017年6月11日(日)]等に向けた練習。
大岩先生不在のため自主練習となる。
自主練習後は、総会が開催された。

●男声あんさんぶる「ポパイ」紹介
男声あんさんぶる「ポパイ」HP

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -