So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

コーラル・ソシア 3rd concert [男声合唱プロジェクトYARO会]

9月22日(木・祝)、コーラル・ソシア 3rd concertに出演した。
会場は、川口総合文化センターリリア音楽ホール[600席]。
男声合唱団Vive la Compagnie(ヴィヴ・ラ・コンパニー)として、男声ステージ及び混声ステージに出演させていただいた。
大雨が降る悪天候にもかかわらず、ほぼ満席のお客様が来場された。
団員の集客力が素晴らしい。

−当日のスケジュール−
 8:30/自宅着
 10:30−11:00/体操・発声
 11:00−11:30/混声ステージリハーサル
 12:10−12:40/男声ステージリハーサル
 13:30/開場
 14:00/開演
 16:10/終演
 17:30−20:30/打上げ( ビッグシェフ川口そごう店ダリアルーム[そごう川口店10階]
 21:00−  /二次会(さくら水産川口東口店)
 24:30/自宅着

指揮:南めぐみ[混声]/須田信男[男声]
ピアノ:藤田智子
三線:堀口浩司
 第2ステージ[男声]
 Top5/Sec9/Bari8/Bass10 計32名
  斎太郎節 宮城県民謡 編:竹花秀昭
  雨 詩:八木重吉 曲:多田武彦
  君といつまでも 詩:岩谷時子 曲:弾厚作 編:小池義郎
 第3ステージ[混声]
 Sop10/Alt9/Ten9/Bass7 計35名
  海の声[混声3部] 詩:篠原誠 曲:島袋優 編:古川陽子
  365日の紙飛行機[混声3部] 
   詩:秋元康 曲:角野寿和・青葉紘季 編:野田学
  覚和歌子の詩による混声合唱曲集「等圧線」よりⅣ. リフレイン[混声4部]
   詩:覚和歌子 曲:信長貴富
 (男声アンコール/指揮:南めぐみ)
  Ev'ry Time I Feel The Spirit 編:William.L Dawson

Vive la Compagnie(ヴィヴ・ラ・コンパニー)
男声合唱プロジェクトYARO会5団体を母体とし、男声合唱団イル・カンパニーレ(川越市)を中心に、男声合唱団メンネルA.E.C.(上尾市)、男声あんさんぶる「ポパイ」(春日部市)、男声合唱団コール・グランツ(久喜市)、ドン・キホーテ男声合唱団(志木市)の有志で構成された団体。これまでの主な活動は、全日本合唱コンクール、全日本男声合唱フェスティバルへの参加である。
 ▼Vive la CompagnieのHPはこちら
 ▼男声合唱プロジェクトYARO会のHPはこちら

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Asia Pacific Youth Choir 2015が歌った「夜もすがら」 [千原英喜氏]

千原英喜先生が作曲された「夜もすがら」
 夜もすがら(混声合唱のための「方丈記」から)
  詩:鴨長明 曲 :千原英喜

2014年度[平成26年度]第67回全日本合唱コンクールの課題曲として選出され、コンクールに出場された多くの混声合唱団が選択した曲である。
 ▼全日本合唱コンクール合唱名曲シリーズはこちら
 ●混声合唱のための「方丈記」〜Ⅲ. 夜もすがら
 ●「夜もすがら」の演奏音源続報

日本的な情緒と感性に満ちた楽曲であるが、外国の合唱団が歌われた映像がYouTubeに掲載されていた。
 ▼演奏はこちら
  演奏:Asia Pacific Youth Choir 2015
  指揮:Stephen Leek(Australia)

 ▼日本の合唱団による演奏はこちら(演奏:大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団)

外国人の指揮者と演奏者でも、日本語作品の情感、間の取り方、揺らぎ等を表現できるのだなあと感じた次第である。
また、「??」と言った不自然な日本語の発音が感じられない等、出色した出来ではなかろうか。
発音に関して日本人メンバーによるアドバイスもあったのであろうか。
今更ながら、改めて音楽と楽譜は世界共通であることを認識した。

外国の合唱団が歌った【千原作品】シリーズは、下記の通り。
 ●Taipei Male Choirが歌った【千原作品】
 ●SYC Ensemble Singersが歌った「おらしょ」
 ●千原作品を外国の男声合唱団が歌ったら

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「Sound Celebration」の録音が公開されました [Barbershop]

今年の6月11日(土)に開催された第61回埼玉県合唱祭(5日間開催)において、SAITAMAコーラスワークショップ2016が同時開催された。
 ▼SAITAMAコーラスワークショップ2016の概要はこちら
4講座の中、講座B:男声のためのBarberShop講座で成果発表した録音が、YouTubeにて公開されたのでご案内させていただく。
 ●Sound Celebration
 
▼成果発表の録音はこちら
 曲目:Sound Celebration 編:Tom Gentry
 日時:平成28年6月11日(土) 
 会場:さいたま市文化センター大ホール
 講師・指揮:仲光甫氏
 演奏:ワークショップ参加者[150名強]
 録音:株式会社フォンテック
 公開元:埼玉県合唱連盟

「Sound Celebration」の楽譜手配にあたり、合唱連盟事務局から相談を受けていたこともあり、当日の演奏を大変楽しみにしていた。
歌い慣れた参加者が多かったかもしれないが、参加者全員が初めて一堂に会して集まり、1時間30分の限られた講習時間で音を合わせてステージで披露された。
高校生を中心とした幅広い世代の男声150名強による演奏には、とにかく圧倒された。
ノリノリの表情で歌われた参加者が大変印象的で、私は当日誘導係に終日従事していたため、一緒に歌えなかったことに後悔した次第である。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ポパイ練習160911 [男声あんさんぶる「ポパイ」]

18:00−21:00 春日部市コミュニティーセンター音楽室
18:00−18:20 発声
18:20−19:00 音取り1
 旅立ちの日に[男声版]
  詩:小嶋登 曲:坂本浩美 補曲:松井孝夫 編:井川丹
19:00−20:00 音取り2
 男声合唱のための「どちりなきりしたん」〜Ⅳ 曲:千原英喜
  ▼参考音源はこちら[演奏:男声合唱団羅面琴]
20:00−21:00 アンサンブル練習
 There Is a Balm in Gilead 編:William.L Dawson
 Ain'-a That Good News! 編:William L. Dawson
  ▼参考音源その1[男声版(途中カット有)/Cornell University Glee Club]こちら
  ▼参考音源その2[男声版(途中カット有)/ISU Men's Glee)はこちら
  ▼参考音源その3[男声版/Open Road]こちら
  ▼参考音源その4[男声版/慶應義塾ワグネル・ソサイエティー男声合唱団]こちら
 Ev'ry Time I Feel The Spirit 編:William L. Dawson

▼参加者:Top3/Sec3/Bari4/Bass5 計15名
指揮・指導は大岩篤郎氏。
主に彩の国男声コーラスフェスティバル2016[10月8日(土)/秩父ミューズパーク音楽堂]に向けた練習。
 ▼彩の国男声コーラスフェスティバル2016の概要はこちら
前半は、彩の国男フェス合同演奏曲(1曲)の音取り。
中盤は、来年1月開催のSVEC選択曲「どちりなきりしたん」〜Ⅳの音取り。
後半は、黒人霊歌(3曲)のアンサンブル練習。

男声あんさんぶる「ポパイ」HP

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Vive la Compagnie練習160910 [男声合唱プロジェクトYARO会]

12:00−17:00 さいたま市内小学校
12:00−12:15 体操・発声 
12:15−14:00 アンサンブル練習[男声]
 君といつまでも 詩:岩谷時子 曲:弾厚作 編:小池義郎
 雨 詩:八木重吉 曲:多田武彦
 斎太郎節 宮城県民謡 編:竹花秀昭
14:00−17:00 アンサンブル練習[混声] 
 海の声[混声3部] 詩:篠原誠 曲:島袋優 編:古川陽子
 365日の紙飛行機[混声3部] 
  詩:秋元康 曲:角野寿和・青葉紘季 編:野田学
 覚和歌子の詩による混声合唱曲集「等圧線」よりⅣ. リフレイン[混声4部]
  詩:覚和歌子 曲:信長貴富

▼参加者:Sop10/Alt10/Top4/Sec8/Bari8/Bass10 計50名位
コーラル・ソシア 3rd concert[9/22(木・祝)]に向けた練習。
 ●コーラル・ソシア 3rd concertのご案内
Vive la Compagnieは、[男声]と[混声]に出演させていただく。
[混声]の指揮・指導は南めぐみ氏(コーラル・ソシア指揮者)
ピアノは藤田智子氏。
三線:堀口浩司氏。

[混声]ステージ(男声18名出演)の練習は、今日が最終となった。
混声曲の3曲が、やっと体に入った感を得た。
本番までに、出来る限り暗譜に勤しむ!
 ▼「リフレイン」の参考音源はこちら
  合唱団ひぐらし第19回定期演奏会「いろはのつ」アンコール
  日時:2012年7月16日
  会場:杉並公会堂
  指揮:清水昭 
  ピアノ:服部真由子

[男声]練習が終わった直後、急に体調不良に陥る。
インフルエンザ感染時と少し似た体感になり、立っているのが辛くなった。
どうしたのであろう?と不安になるが、今日が最終練習故、座ったまま歌い続け、我慢して最後まで時を過ごす。
軽い脱水状態であったのであろうか。

Vive la Compagnie(ヴィヴ・ラ・コンパニー)
男声合唱プロジェクトYARO会5団体を母体とし、男声合唱団イル・カンパニーレ(川越市)を中心に、男声合唱団メンネルA.E.C.(上尾市)、男声あんさんぶる「ポパイ」(春日部市)、男声合唱団コール・グランツ(久喜市)、ドン・キホーテ男声合唱団(志木市)の有志で構成された団体。これまでの主な活動は、全日本合唱コンクール、全日本男声合唱フェスティバルへの参加である。
 ▼Vive la CompagnieのHPはこちら
 ▼男声合唱プロジェクトYARO会のHPはこちら

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -